現状を探る

コーチングで行ったり来たりしないために必要なこと

部下とのコーチングで
話が行ったり来たりして
結局まとまらないことありませんか?

 

その原因、
現状の明確化が足りないことが
往々にしてあります。

 

例えば

 

「今度のイベントの
進捗状況は
どうですか?」

 

「はい。順調です」

 

「それは、良かった
よろしく頼みます」

 

2,3日後

 

「そろそろ
案内状の返事が返ってくる頃だけど
出席状況はどうですか?」

 

「え!まだ、案内状は
送っていません」

え!

え!

「え!もうこの時期
案内状の発送は
終了してる時期でしょう」

 

「すみません。
大至急出します」

 

分かりやすい事例で
紹介しましたが、

 

実際のコーチングでは
もっと、現状の明確化は
複雑です。

 

しかし、この現状の明確化は
今の事例のように

 

進捗状況は順調が部下の
思っている状況と上司が思っている
状況が違うことがままあります。

 

ここが明確になっていいなと
また、コーチングが振り出しに
戻ることになってしまいます。

 

このコーチングを
行ったり来たりさせない為に
現状の明確化は欠かせません。

 

丁度、カーナビで
正しい現状が示されていないと
ルートが違ってくるように

 

道に迷う

道に迷う

カーナビであれば
ほぼ現時点の場所を
間違えることはありません。

 

しかし、コーチングでは
その現時点を
把握するのは容易ではありません。

 

そこで、有用な手法が
数値化することです。

 

「最終状況を10とすると
今はどの状況ですか?」

 

「そうですね7でしょうか」

 

「私には3のように
見えます。確認しましょう」
とか

 

あるいは先ほどの事例のように
この時期では終えているべきことを
具体的に明確化することが大切です。

 

「だいたい」ではなく
「具体的」が大切です。

 

例えば

 

「どうですか?接客対応は
もう、ばっちりですか?」

 

「はい。お客さんのニーズは
しっかり把握くして出来るように
なりましたので、もう完璧です」

 

「ん?!それだけで
接客対応が完璧と言えますか?」

 

「え?それでは不十分ですか?」

 

「足りません。私たちは
お客様が気が付かない潜在ニーズまで
気づいて対応できなければなりません」

 

「今のお客さんに電動ドリルを
紹介していましたが、それだけで
十分ですか?

 

電動ドリルが必要ということは
何かを作るためですよね。
のこぎりやペンキとかは必要なかったですか?」

DIY

DIY

「そうか?!単にお客さんが
求めている以上のことを
提供できてこそ完璧な接客ですね

 

ありがとうございました。
明日から、もっと違う目で
お客さんと接客します」

 

このように部下の思っている現状と
実際の現状は違うことがあります。

 

この状態を埋めてから
前に進まないと
道に迷ってしまいます。

 

「現状の明確化」
絶えず意識していきましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【6月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月10日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【7月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月14日】【子どもの才能の見つけ方・育て方】(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月14日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【7月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ACTASロゴ
  2. ほめる
  3. 伝える
  4. 思いもよらないアイデア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 会話の中の違和感
  2. 拡散と収束
  3. ショートコーチング
  4. 現在進行形
  5. 自分で話す
PAGE TOP