BLOG

夫婦喧嘩

ワンチームになるための視点

手前味噌ですが
最近、夫婦喧嘩を
しなくなりました。

 

今年になって
まだ、
一度もしていません。

 

その理由は
お互いがある視点を
持ったからなんです。

 

どんな視点か?

 

夫婦に限らず
人はお互いに
違う個性を持っています。

 

この違う個性を
人は本能的に
嫌います。

 

この違いに対し
人の対応は二つ

 

①闘う
②逃げる

 

①闘うとは
自分の意見を
主張することです。

闘う

闘う

ともすると
感情的に
なったり

 

自分の
主張のみに
固執すると

 

意見は
かみ合わなく
なります。

 

一方、
②逃げるは

逃げる

逃げる

無視したり
諦めたりです。

 

自己防衛的に
これ以上
傷つかない反応です。

 

これも、
処世術
ありだと思います。

 

しかし、
他に方法は
ないでしょうか?

 

それが
第三の方法

 

相手が
勝つのではなく

 

自分が
勝つのでもない

 

お互いの
違いを
受け入れることです。

受け入れる

受け入れる

家の家内は
あの歳(失礼)で
SMAPファン

 

先日も何でも500倍の確率の
木村拓哉のコンサートに
当たっと言って

 

一人で、
大阪に行っていました。

 

私はゴルフが好きで
一人でゴルフ場に
出かけています。

 

中が悪いわけではなく、
先日は、二人で5日間の旅行に
一緒に行きました。

 

ワンチームになるためには
お互いの違いに対し
闘うのでも逃げるのでもなく

 

その違いを尊重し
受け入れることが
求められます。

 

これがダイバーシティです。

 

ダイバーシティ
(多様性)のあるチームは
とても柔軟性があり強くなります。

 

コロナ対応で
「密閉」「密集」「密接」
はダメだそうです。

 

人間関係も
同じですね。

 

余り近づきすぎず
遠からず、自由に
お互いを受け入れる

 

これが
ワンチームになるための
視点です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【4月2日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コップ半分の水
  2. ゆとり
  3. 習慣
  4. お通夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 苔テラニウム
  2. さくら
  3. 自己観察
  4. 感情
  5. 怒る
PAGE TOP