大谷選手

一流選手が身につけている目標達成術

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が
ア・リーグの今季最優秀選手(MVP)に
満票で初選出された。

おめでとう!!!

おめでとう

おめでとう

良いニュースが少なかった
今年では
最高のニュースです。

日本人では
2001年のマリナーズの
イチロー以来2人目。

投手で4番バッターと
少年野球では
誰しもなりたい存在。

しかし、
渡米時には
そんなに大リーグは甘くないとか

色々言われました。

でも、今年は

投げでは9勝2敗
打っては本塁打46本

ベーブルースの再来と
もてはやされています。

もう、本当に
凄いの一言です。

どうしたら
あんな選手になれるか?

実は
高校時代に
そのヒントがあります。

皆さんは
マンダラートを
ご存じでしょうか?

こちらが大谷選手が
花巻高校1年生に書いた
マンダラート

マンダラート

マンダラート

マンダラートの作り方は
3×3、9マスの表の中心マスに
メインテーマ(目標)を書き

それを囲う8マスには、
その目標を達成するために
必要な要素を書き込んでいく。

次に周りの8マスのうち
1マスを選び、

それをまた中心マスに移して、
再びそれに必要な要素を
8個書いて表にしたもの。

高校1年の
大谷選手にとっては

先ずは8球団からドラ1が
目標だってんですね。

これを見る限り
投手として
活躍したかったことが分かります。

しかし、今では
投手とバッターとしての二刀流が
大谷選手の代名詞です。

体力作りや
メンタル面の強化が
バッターとしても力をつけたんでしょうね。

注目は
メンタル面と運

メンタル

メンタル

これって
どんな目標達成にも
必要ですよね。

大谷選手は
高校1年で
こんなことを考えていたんですね。

また
面白いのが

運

運ってたまたまある物ではなく
引き寄せる物なのですね。

大谷選手の
ゴミ拾いは
良く取り上げられています。

ゴミ拾い

ゴミ拾い

もう、
高校1年生からの習慣ですから
さりげなく出来ていますよね。

これが好感を呼び
誰しも応援したくなります。

人気商売ですから
人気が出てくれば
妬み、嫉みがあるものですが、

ファンのみばかりか
大リーグ選手からも
慕われています。

これが
人間性を
高める結果にもなっています。

さて、来年に向けた
皆さんの
マンダラートを作りませんか?

コーチング的には
目標を定め
行動することを推奨します。

目標なくして行動なし
行動なくして
達成なしです。

あなたのマンダラート

あなたのマンダラート

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月16日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【12月17日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【12月21日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ギャップの明確化
  2. 孫プール
  3. 一人称
  4. メタ・コミュニケーション
  5. やる気
  6. ANA社長会見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 笑顔
  2. 釣り
  3. 初Getサワラ
  4. コーチング
  5. 人材育成
PAGE TOP