フィードバック

効果的なフィードバックを行うためは何をしたら良い?

フィードバックは
相手に対する理解を深め
その人の成長を助けるために

非常に
重要な
要素です。

しかし
相手のタイプに応じて
フィードバックの方法を変えることで

その効果を
最大化できることを
ご存知でしょうか?

このブログでは
効果的な
フィードバックを行うために

相手のタイプに応じた
アプローチ方法について
詳しく説明します。

人気のゲーム
「ポケモンGo」を
例にとってみましょう。

ポケモンGo

ポケモンGo

このゲームでは
ポケモンには
18種類のタイプがあり

それぞれに
相性が
あります。

たとえば
炎タイプは
水タイプに弱いというように

特定のタイプには
特定の弱点が
あります。

人間関係においても同様に
相手のタイプに応じて
アプローチを変えることで

より効果的な
コミュニケーションが
可能になります。

フィードバックを行う際にも
相手のタイプを理解することで
誤解を減らし

相手にとって
最も効果的な方法で
伝えることができます。

ここでは
コーチングでよく使われる
4つのタイプに分けて

効果的な
フィードバックの方法を
紹介します。

①コントローラータイプ

コントローラータイプ

コントローラータイプ

コントローラータイプの人は
より良い判断を求め
効果的なフィードバックを好みます。

彼らはストレートなフィードバックを歓迎し
耳の痛いフィードバックでも
正直に伝えることを好みます。

瞬間的には反発や抵抗を示すかもしれませんが
長期的には正直なフィードバックを
提供してくれる人を信頼します。

効果的なフィードバック方法

ストレートに伝える
具体的な改善点を提示する
長期的な利益を強調する

②サポータータイプ

サポータータイプ

サポータータイプ

サポータータイプの人は
人との関わりを
大切にします。

そのため
フィードバックを伝える際には
気持ちを込めて伝えることが重要です。

表情や声などの
ノンバーバル
コミュニケーションを使い

心からの
フィードバックを
伝えるようにしましょう。

効果的なフィードバック方法

感情を込めて伝える
ノンバーバルコミュニケーションを活用する
サポートの意図を明確にする。

③プロモータータイプ

プロモータータイプ

プロモータータイプ

プロモータータイプの人は
否定的なフィードバックを
苦手とします。

そのため
ネガティブなフィードバックを
する際には

承認や期待感を
セットにして
伝えることが重要です。

彼らにビジョンを共有し
期待する成果についても話すことで
フィードバックが効果的に伝わります。

効果的なフィードバック方法

承認とセットで伝える
期待感やビジョンを共有する
前向きな言葉を選ぶ

④アナライザータイプ

アナライザータイプ

アナライザータイプ

ナライザータイプの人は
客観的なフィードバックを
好みます。

主観的な
フィードバックは
受け取りにくいため

具体的な
データや
事実に基づいて

フィードバックを
伝えるように
しましょう。

また
彼らは深刻に考えがちな傾向があるため
不安を煽るような表現は避けるべきです。

効果的なフィードバック方法

客観的なデータを使用する
事実に基づいたフィードバックを提供する
不安を煽らない表現を心掛ける

相手のタイプを
見極めるためには
観察力が重要です。

また
簡単なアセスメントテストを
使用することで

相手のタイプを
判断することも
可能です。

例えば
タレントフォーカスのように
木火土金水の5つのタイプに

分ける方法も
あります。

タレントフォーカスでは
セミナーなどを
通じて

子育てや
そのタイプを活かす方法を
学ぶことができます。

興味のある方は
ぜひ以下のセミナーに
参加してみてください。

【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

これらのセミナーでは
参加者に合ったアセスメントを提供し
相手に応じた対応方法を学ぶことができます。

効果的なフィードバックを行うためには
相手のタイプに応じた
アプローチが必要です。

コントローラー、サポーター
プロモーター、アナライザーの
4つのタイプに分けて

それぞれに適した
フィードバック方法を
活用することで

誤解を減らし
相手の成長を
促すことができます。

相手のタイプを
見極めるための
観察力やアセスメントテストを活用し

効果的な
フィードバックを
心掛けましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 人間関係
  2. 質問
  3. 聴く
  4. 良い質問
  5. 新しい行動様式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP