大中小

扱う内容の大きさを意識すると良いコーチングが出来る!!!

コーチングにおいて
扱う内容の
大きさはとても重要です。

扱う内容の大きさ?

例えば

「今の職場はどうですか?」
との問いに対し

グループワーク

職場

「楽しくて明るい職場です」

「お互いが挨拶
し合っている職場です」
では答えの大きさが違います。

この抽象度が高く
全体的なのが
大きく

具体的
詳細なのが
小さいです。

これを
コーチングでは
チャンク(かたまり)と言います。

この
チャンク(かたまり)を
意識すると良いコーチングができます。

先ほどの問い
「今の職場はどうですか?」
の答えで

「楽しくて明るい職場です」
では全体的な雰囲気は
分りますが、

具体的に
どのように楽しいか
分りません。

こうしたときには
チャンクダウンをすれば
(固まりを小さくする)

詳細に
状況を聞くことが出来ます。

その逆
「お互いが挨拶
し合っている職場です」では

だから
どんな職場と思っているのか
分りません。

チャンクアップをすれば
(固まりを大きくする)

その状況を
どう捉えているか
分ります。

この様に
相手の答えによって

チャンクアップが必要か
チャンクダウンが必要か判断し
質問を繰り出すと良い質問

すなわち
良いコーチングが出来ます。

この必要かどうかは
どのような
ゴールを描きたいかで決まります。

コーチングの目的が
どこにあるか?

例えば
現状を
変えたいと相手が思っているとき

その解決策に
ゴールを描くことが
大切であれば

チャンクアップによって
ゴールを明確にする
必要があります。

一方

具体的に
考えて
計画することが必要であれば

チャンクダウンによって
具体的な分析や
行動が必要です。

このように
扱う内容の大きさを意識すると
良いコーチングが出来るようになります。

如何ですか?
内容の大きさ
つかめそうですか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月16日】フローに乗るセミナー(オンラインセミナー)
【3月18日】自分軸を見つけるセミナー(オンラインセミナー)
【3月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(オンラインセミナー)
【4月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【4月20日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月22日】フローに乗るセミナー
【4月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月27日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コロナでカープ試合中止
  2. リーダー
  3. アカウンタビリティー
  4. 緊急事態宣言解除
  5. チーム一丸
  6. 信頼関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ストップウォッチ
  2. 鮮度
  3. タイプ
  4. ニッカ仙台工場
  5. 挑戦的な目標
PAGE TOP