成功

成功へのステップ:効果的なフィードバック活用法

フィードバックは
私たちの成長や目標達成において
極めて重要な役割を果たします。

しかし

折角のフィードバックが
うまく活かされないことも
少なくありません。

ここでは
フィードバックを有効に活用するための
具体的な手順を紹介します。

このプロセスは
コーチングや部下の育成にも
応用できるため

ぜひ参考にしてください。

1. フィードバックの意義を共有する

共有

共有

 

フィードバックを
受け入れられない
原因の一つに

フィードバックの
意義を理解していないことが
あります。

フィードバックの目的は
目標に向けての
軌道修正です。

この意義を正しく理解していれば
ネガティブなフィードバックに反発したり
反感を抱くことが無意味だとわかるはずです。

目標達成に向けての痛みと理解し
正しく受け止めることが
必要です。

そのためには
フィードバックの意義を
しっかり共有することが重要です。

2. 目標を明確化する

目標

目標

目標の明確化は重要ですが
意外とできていないことが
多いです。

例えば
「優れたリーダーになる」
という目標があったとします。

優れたリーダーとは
どんなリーダー
でしょうか?

相手の考える優れたリーダーが
「何でも話を聞くリーダー」
だとします。

しかし
あなたにとっての
優れたリーダーが

「どんな状況下でも目標達成するリーダー」
だとすると
フィードバックの焦点が異なります。

そのため
どのようなリーダーが優れたリーダーかを
共有しておく必要があります。

3. 行動計画を立てる

行動計画

行動計画

フィードバックの目的は
行動変容を伴って
初めて機能します。

フィードバックを
したことで責任を果たした
気になることがありますが

相手が
行動変容することを
見届けることが重要です。

行動変容は
簡単では
ありません。

そこをサポートすることで
フィードバックが
有効に活用されるのです。

4. 定期的に振り返る

振り返る

振り返る

フィードバックによって
相手が行動変容を約束しても
安心してはいけません。

人は
忘れる生き物
です。

時間が経つにつれて
フィードバックの必要性を
忘れてしまいます。

非難するのではなく
優しくフォローすることが
大切です。

定期的に振り返ることで
相手もフィードバックを忘れずに
行動に反映させることができます。

まとめ

 

フィードバックを
有効に活用するためには
以下のステップが重要です。

  1. フィードバックの意義を共有する
  2. 目標を明確化する
  3. 行動計画を立てる
  4. 定期的に振り返る

これらの手順を踏むことで
フィードバックを
効果的に活用し

目標達成に向けた
確実なステップを
踏むことができます。

さあ、今すぐ実践してみましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 耳寄りな話
  2. 可能性
  3. 自分自身
  4. 聴く
  5. ベテランと新人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP