後押し

目標達成を後押しするアセスメントの作り方

目標達成に向けたアセスメントは
定量的な評価が難しい抽象的な目標を
見える化するための強力なツールです。

「コミュニケーション力向上」や
「リーダーシップ力向上」といった
定性的な目標を効果的に達成するためには

適切な
アセスメントの作成が
不可欠です。

このブログでは
アセスメントの作り方を
具体的に解説します。

アセスメント作成の手順

手順

手順

アセスメントを作成するためには
以下のステップを
踏むことが重要です。

  1. テーマを決める
  2. 回答者を決める
  3. 項目を作成する
  4. 達成基準を決める

1. テーマを決める

テーマ

テーマ

まず
目標達成のための
具体的なテーマを決めます。

例えば
「営業力の強化」をテーマとする場合
以下のような項目を洗い出します。

  • 集客力
  • プレゼン力
  • 企画力
  • 情報収集力
  • 調整力

これらの要素を具体的に
リストアップすることで
何を評価するかが明確になります。

2. 回答者を決める

回答者

回答者

次に
そのアセスメント評価に
最も適した回答者を決定します。

評価を行うのは
本人・上司・部下・
他部門・お客さんなどです。

例えば
リーダーシップ力を評価する場合
部下からの評価は非常に重要です。

なぜなら
部下はリーダーの実際の働きぶりを
最もよく知っているからです。

3. 項目を作成する

項目

項目

アセスメント項目は
被評価者と共に
作成することが重要です。

目標達成に必要な項目について
書籍や関係者からの助言を加え
有効な項目を選定します。

この際
以下の点に
注意してください。

  • 一項目には一つの意味だけを入れる

    例えば
    「部下の話をよく聞き効果的に対応する」
    という項目は二つの

    意味を
    含んでいます。

    これでは回答者が
    混乱するため
    一つの意味に絞ります。

  • 気持ちがこもる表現を使う

    「優秀なリーダー」と
    「魅力的なリーダー」では
    ニュアンスが違います。

    被評価者としっかり話し合い
    本当に達成したい状態を
    明確にする言葉を選びます。

  • 具体的な表現を使う

    例えば
    「効果的な対応をする」
    という表現は曖昧です。

    「具体的な行動変容があった」
    といった客観的に
    判断できる表現を使います。

  • 肯定形を使う

    否定形の
    項目は
    避けます。

    例えば
    「~をやらない」
    ではなく

    「~をする」
    といった肯定形で
    質問を作成します。

    肯定形は
    脳にポジティブなインプットを与え
    行動を促進します。

4. 達成基準を決める

達成基準

達成基準

最後に
達成基準を
作成します。

定性的な目標も
この基準を設けることで
定量化できます。

この時
期限も設定することを
忘れないでください。

まとめ

アセスメントを
正しく
作成することで

目標達成に
向けた
具体的な

一歩を
踏み出すことが
できます。

達成した状態をイメージしながら
楽しんでアセスメントを
作成してください。

適切なアセスメントは
目標達成に大きな推進力を
与えること間違いありません。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 川の流れ
  2. 釣り
  3. 良い質問
  4. キャッチボール
  5. 提案
  6. 止まる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP