アイスブレイク

コーチングにおけるアイスブレイクの重要性と実践法

効果的なコーチングを行うためには
相手の緊張をほぐすことが
重要です。

特に初対面の相手との会話では
お互いが防衛体制を
敷いていることが多く

この防衛体制を早く解くことが
円滑なコミュニケーションの
鍵となります。

初対面の防衛体制とは?

警戒心

警戒心

初対面の相手は
自然と警戒心を
持っています。

この警戒心が続くと
本音を引き出すことが難しくなり
コーチングはうまく機能しません。

そのため
コーチはまず相手の緊張を解き
リラックスした雰囲気を作り出す必要があります。

アイスブレイクのスキル

アイスブレイク

アイスブレイク

アイスブレイクは
相手の防衛という
「氷」を壊すスキルです。

相手が話しやすい環境を作り
早い段階で円滑な会話が
成立するようにすることが目的です。

具体的には
以下の方法が
あります。

  1. 自分自身の防衛体制を解く

    コーチ自身がリラックスし
    オープンな心で接することで
    相手の緊張もほぐれます。
  2. 共感の言葉を使う

    例えば
    「緊張しますね」といったフレーズは
    相手の緊張を和らげる効果があります。ただし
    これは本当に緊張しているときに
    使うことが重要です。
  3. 共通の話題を持ち出す

    「今日は朝、寒かったですね」
    といった
    相手が同意しやすい話題を振ることで会話のスタートを
    スムーズに
    します。
  4. 位置関係を工夫する

    対面ではなく
    斜め45度に座ることで
    相手の緊張を和らげることができます。この位置関係は
    相手との目線を自然に
    外すことができるため初対面の場面で
    特に
    効果的です。
  5. 笑顔を忘れない

    笑顔は
    相手の防衛体制を
    早く解くために非常に重要です。満面の笑みを
    浮かべることで
    相手に安心感を与えます。

アイスブレイクの具体例

緊張を和らげる

緊張を和らげる

  1. 一言で緊張を和らげる

    例えば
    自己紹介の
    際に「今日はちょっと緊張していますが
    よろしくお願いします」
    と言うことで相手も
    「自分だけじゃないんだ」と感じ
    リラックスします。
  2. 共通の話題を見つける

    「今日はいい天気ですね」
    「カープの試合、見ましたか?」な
    誰でも話しやすい話題を振ってみましょう。
  3. 位置関係の工夫

    コーチングセッションの際に
    敢えて斜め45度に座ることで
    相手がリラックスしやすくなります。これにより
    自然な会話の流れが
    生まれます。
  4. 簡単なゲームや活動を取り入れる

    グループコーチングでは
    簡単なゲームを
    行うことで参加者同士の緊張をほぐし
    チームの一体感を
    高めることができます。

アイスブレイクの効果

 

これらの
アイスブレイクのスキルを
活用することで

コーチングセッションの
効果が
格段に向上します。

相手がリラックスし
本音を話すように
なると

より深い洞察や
気づきが生まれ
コーチングの質が向上します。

アイスブレイクは
コーチングの成功に
欠かせないスキルです。

相手の緊張を和らげ
リラックスした雰囲気を作ることで
効果的なコミュニケーションが生まれます。

これを実践することで
コーチングの効果を
最大限に引き出しましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 真夜中の空港散歩
  2. WBC
  3. 官軍
  4. 開く
  5. ヤル気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP