BLOG

営業の基本は感度のいいアンテナを持つこと!

先日保険の外交員の方が
来られました。

 

満期になる保険の
案内とのこと

 

玄関での対応でしたが
一通り説明し終わって

 

「あ!小さいお子さんが
いらっしゃるんですか?」

 

と、この玄関の
様子を見て
聞いてこられました。

 

私たちはもう60過ぎた夫婦で
子どもたちは全員結婚し
外に出ています。

 

しかし、3人いる上の2人が
同じ市内で暮らしている関係で
しょっちゅう孫を連れて遊びに来ます。

 

それで、正式名称は知りませんが
我が家では
「アンパンマン号」があります。

 

それを目ざとく
見つけて
会話を繋いできました。

 

ジジババにとって
孫の話題は
嬉しい話題

 

そこから孫の写真を
使ったカレンダーサービスの
話になりました。

 

息子夫婦がやはり
子どもの写真で
生保会社で作ってもらっていて

 

家内は欲しがっていました。

 

すでに、2月ですが
写真さえあれば
出来るとのことで

 

早速
今度作ってもらうことに
なりました。

 

げんきんなもので、
家内は否定的であった
保険の見直しを

 

「何か、良いのが
あったら入ってもいいね」
と言っていました。

 

「これです!」
営業の基本!

 

何でもない玄関から
ヒントをつかむ

 

老夫婦にとって
「孫」は重要なキーワード

 

保険の話をしながら
その情報を見つけ出す。

 

これは情報収集というアンテナが
立っていなければ
スルーされています。

 

この感性を営業マンの方は
持って頂きたいです。

 

先日、
とある銀行の支店長さんと
話しているときです

 

「最近の若い新人は
営業の感覚が我々と
全然違う。

 

感性が違うというか
ないというか・・・」

 

支店長が
悩んでおられました。

 

そこで、下記のセミナー一覧にも
あるように営業セミナーを
開くことになりました。

売らない営業セミナー

売らない営業セミナー

売らない営業セミナー

日時;3月6日(金)19:00~21:00
場所;合人社ウェンディひと・まちプラザ
(広島市中区袋町6番36号南棟3F)

 

私は38年間製薬会社の営業畑で過ごし
定年して今の人材開発コンサルタントの
仕事を興しました。

 

人材育成は一言でいえば
「コミュニケーションスキル」です。

 

その意味において、
営業は究極の
コミュニケーションの結果です。

 

営業で悩んでいる
営業マンや
その上司

 

いや、事業そのものが営業と
分かっている経営者の方も
ぜひお越しください。

 

最新のツールで
帰るときには必ず何か
持って帰って頂きます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【2月12日】自分軸を知って輝くセミナー
【2月12日】カードを使ったコーチング体験会
【2月16日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月19日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月3日】《子育て支援セミナーワークショップ》(Points of You体験会)
【3月6日】売らない営業セミナー
【3月7日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 伝える
  2. 中間管理職
PAGE TOP