望ましい状態

望ましい状態を定着させるためのステップ

身につけた
新しい習慣を
定着させたくありませんか?

あるいは組織内で生まれた
望ましい状態を
維持したくありませんか?

そのようなときは
下記のステップを
踏むと定着化出来ます。

①目標設定
②測定
③フィードバック
④承認
⑤飽き防止

①目標設定

目的設定

先ずは望ましい状態を
明確にするために
目標設定です。

なんと言っても
定着化の
ファーストステップです。

明確な目標設定は
一時的に
行動量を増加させます。

②測定

測定

目標に対し
現状を明確にするのは
非常に有効です。

逆に
測定が
ないと

「やっても一緒」
なんて感覚が生まれ
行動が抑制されます。

以前営業時代
営業成績が
グラフで張り出されたことがありましたが、

非常に
嫌でしたが、
確実に意識させられました。

ただ、
最近では
このやり方は

ストレスを与える方が大きくて
売り上げ向上には
あまり繋がらないようで、

これを
しているところは
少ないようです。

代わりに
行動目標を
明示する会社は多いようです。

例えば、
「訪問件数」や
「情報量」等です。

どちらも
これらの行動は
売り上げアップに繋がる行動のため

これを
測定すると
結果的に成果が持続します。

③フィードバック

フィードバック

さらに
その測定結果に
フィードバックがなされると

意識が高揚し
持続化の
エネルギーになります。

このフィードバックは
成果や行動を
見ていると言うサインにもなるし

もっと
行動するための
気づきを与えることになるため

重要です。

測定は
行動を持続化するための
仕組みですが、

フィードバックは
それを後支えする
ソフトとなります。

④承認

承認

承認

前にも書きましたが
「承認」は
ひとの行動を促進する

最高の
ツールです。

いわゆる
「承認欲求」は
誰しも持っています。

褒められて
悪い気は
しません。

しかし、
この「褒める」は
承認の一部です。

「承認」とは
相手を認めること
ですから

例えば
結果が出ていなくても
行動を承認する

「行動承認」も
やる気を
持続させます。

結果が出るまで
待たなくても

「以前より、
訪問件数が
増加したね」

とか

「会社への提案の
質が上がったね」等の
声かけは

行動量を
増加
させます。

⑤飽き防止

飽き

程度の差こそあれ
ひとは
飽きっぽいものです。

望ましい行動は
継続してこそ
威力を発揮します。

従って
望ましい行動を
継続するために

飽き防止は
欠かせません。

時には
インセンティブが
あったり

キャンペーンを
打ち出したり

注意を
継続さえる工夫が
あると

その望ましい状態は
定着します。

こうして
まとめると
望ましい状態の定着は

決して
難しいものでは
ありません。

この5つの
ステップを
意識して使ってみてください。

結果は
確実に
出るはずです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月13日】自分を知り活かすセミナー
【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月18日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月20日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
6月21日】「経営「健康診断」100」セミナー
【6月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. かわいい孫達
  2. 行動
  3. 夢
  4. チームマネジメントの秘訣
  5. 同調現象
  6. メタ・コミュニケーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. タンブラー
  2. 目標
  3. 伝わるフィードバック
  4. 鏡
  5. 伴走者
PAGE TOP