ジギング釣果

結果は偶然ではなく必然で生まれる

昨日は
ジギングで
この様な釣果でした。

60cmと70cmのハマチと
40cmのコチが
釣れました。

特に
70cmのハマチは
引きが強いこと強いこと

余りの
引きの強さに

フックした直後は
リールを巻くことが
できませんでした。

ばらさないように
10分ほどは
格闘しゲットしました。

でも
この釣果は
偶然ではないのです。

いやいや
私の腕の
自慢じゃないんです。

船長が
良いのです。

「彗星Ⅲ」号
の小川船長が
釣らしてくれるのです。

彗星Ⅲ

小川船長とは
良くこんな
会話をします。

「来週の日曜日に
ジギング行きたいのですが、
船は出ます?」

「来週ですか?
来週は潮が悪いので、
船は出しません」

これ、
凄くないですか?

船長としては
船を出して
なんぼですから

潮が悪かろうと
釣れなかろうと
船さえ出せば

お金になるのに

この日は
潮が悪いから
お客を断るんです。

これが
無茶苦茶
「信頼」を厚くするんです。

そして
今回も

「あ~、船出しますよ
ジグはいわしジグが
よく釣れてますよ」

これ、
釣り師にとって
とても有用な情報です。

釣りたいから
釣に行くわけですから
釣れる情報は大歓迎

そして
いざ、
出向

出航

この日は
梅雨の晴れ間で
絶好の釣日和

狙うは
ハマチと
サワラ

いつもなら
1時間ほどかけて
岩国方面へ行くのですが、

この日は
30分ほどで
準備してくださいとのアナウンス。

すると、
10艘ほどの
釣り船が集まっている海域がありました。

あ!
今日は
近くで釣れるんだ

と思っていると

その船団の周りを
回るだけで
停泊する様子はなく

通過しました。

暫く
すると
急に停船

よく見ると
海面が
波が立っているところがあります。

いわしが
サワラに追われて
逃げているんです。

「左前方に投げて
表面をジギング
してください」

しかし、
ここでは
誰もヒットしませんでした。

何カ所か
釣れそうな
場所を探して移動

そうそう
釣り船には
ソナーがついていて

ソナー

魚の
群れが
分るんです。

青魚は
いわしが
主食ですから

いわしの
群れの
下には

青物が
いるんです。

時折
船を止めては
船長から指示が出ます。

「水深50m
底から10m
です」

そうそう
今回は
ジギングですが、

ジグ

ジグ

ジギングとは
さなかに見立てた
ジグ(疑似餌)に針が付いていて

それを
リールで巻くことで
魚を釣る魚法です。

釣るためには
先ずはジグを
目的の場所に落として

ソナーで見つけた
魚の群れを
ジグを通過させるのです。

いわしジグ

ジグは
良く研究されていて

キラキラ光るものや
針の付いている位置は
色々な種類があります。

色も青・白・ピンク
と多種多様

もし
同じ船にいて
釣果に差が出るとすると

このジグ選択が
重要です。

でも
ここでは
ヒットしたのは4人中一人

ここで、
船長は無線で
交信

そう、
情報収集です。

「今、大島沖で
釣れているようです。

ちょっと
離れているので、
燃料を給油して向かいます」

とのアナウンス。

ここです。

お客さんに
釣らせるために
情報収集

安易に
沢山、釣り船が
集まっているから釣らそうではなく

確実に
釣れるために
情報収集しているのです。

これって
ビジネスに
無茶苦茶似ていませんか?

私たちが
商材をお客さんに
買って貰うには

他社の競合に
勝つ必要が
あります。

良い船(商材)や
良いソナー(手法)も
必要ですが、

お客さんに
満足して頂くだけの
情報収集がとても大切です。

ジギングの
釣果を左右する
ものには

もう一つ
重要な
ことがあります。

それが
ジギングの
やり方です。

魚に見立てては
いますが、
魚ではないために

魚のように
動かす必要が
あります。

ワンピッチ
ジャーク
とか

ただ、
高速で
巻く等あります。

これは
その海域の
魚の性質によって違います。

今回の
狙いは
サワラも入っています。

サワラは
とても
泳力があり

高速で
逃げる魚も
簡単に捕食します。

さらには
そのアタック力が
強く

アクションを付けて
釣る
ワンピッチジャークでは

反動で
糸が
切れてしまうので、

単純に
高速で
巻いた方が

良いそうです。

ジギング

ジギング

そのような
情報を貰いながらの
今回の釣果でした。

「結果は
偶然ではなく
必然で生まれる」

そう思いませんか?

これこのまま
仕事に
繋がりますよね。

遊びながら
仕事での
気づきをもらう私でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月18日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月20日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
6月21日】「経営「健康診断」100」セミナー
【6月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アフターコロナ
  2. 願い事
  3. 明確化
  4. 思考パターン
  5. 一人でお泊り
  6. VUCA時代

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP