皆既月食

「あらねばならない」を見直すと人生が全てが上手く回る

昨日は
ステキな
皆既月食でしたね。
あの真っ白な月が
妖艶な月に
生まれ変わっていました。
あのように
人は変れるものだろうかと
考えてしまいました。

私たちの行動は
経験とそれに基づく解釈によって
決まります。

しかし、それは過去の経験であって
必ずしも今の現状に合っているとは
限りません。

私たちはそのことに
気がつきながらも
その考え方を変えることが出来ないものです。

この過去の経験から
導き出された考え方を
「ビリーフ」と言います。

「ビリーフ」は
時には「信念」となり
その人の行動に芯を作ります。

同時に
そのことが
その人の行動を膠着化させます。

「芯のある人間」は
頼もしいですが、

自分の意見を曲げない
「頑固者」は困ります。

逆にころころ自分の意見を
変える「優柔不断な人間」は
頼りないですが、

柔軟に他の人の意見を
取り入れる人間は
「適応力」を感じます。

とは言え
自分の「信念」でもある
「ビリーフ」を変えるのは

簡単ではありません。

こんな「ビリーフ」は
お持ちではないですか?

「会議には10分前に入室すべきだ」
「仕事は完璧でなければならない」
「仕事が出来ない人間はダメな人間だ」

え!?

え!?

「これって
当然でしょ?」
って思ったあなた

これはビリーフです。

「仕事は完璧でなければならない」
確かに不完全な仕事をすることは
プロとしてあり得ません。

しかし
状況によっては
時間勝負で

先ずは一旦
仕上げてみるやりかたも
あってもよくないですか?

この「完璧」に
拘りすぎると
大事なチャンスを逃すかも知れません。

「ビリーフ」を見直すことは
基本的な考え方や解釈
仮説、優先順位を変えることです。

実はこの「ビリーフ」が
現状には合っていないと
気がつくことが先ず必要です。

でも
この「ビリーフの見直し」は
大きなエネルギーを使います。

そのスムースに見直し方法が
こちらです。

①見直す準備が出来ているか確認
②基本的な考え方、解釈を洗い出す
③新たなビリーフに変える

①見直す準備が出来ているか確認

確認

あなたから見て
間違った「ビリーフ」だと
思っても

その人にとっては
大事な「信念」です。

本人がそれを
見直しても良いと
思わない限りは

変えることはできません。

現状に照らし合わせ
本人が変えたいと思っていることを
確認してからこの作業は入ってください。

さも無くば
益々、頑なになって
しまいます。

②基本的な考え方、解釈を洗い出す

洗い出す

事実を基に
その「ビリーフ」を
洗い出していきましょう。

どんな時に
どんな条件で
なぜ、そう思うのか?

ここを
明確にすれば
現状とのギャップが分ってきます。

③新たなビリーフに変える

変える

その上で
新たな考え方や解釈に
変えていきます。

それまで
「仕事は完璧にしなければならない」
との「ビリーフ」を

時には不完全でも良いし
時には人に任せてもいい
と思えれば

肩の荷が下りて
返って良い仕事を
することが出来るのではないでしょうか?

こんなセミナーも
やってます。

【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

まだ、
受付中です。

自分の「ビリーフ」を
見直してみませんか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月9日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【11月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月14日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【11月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月20日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【11月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ビギナーズラック
  2. 視点
  3. コミュニケーション
  4. 重要だが緊急でない
  5. 感情
  6. 憂い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人的資本経営
  2. ワールドカップ
  3. ドーハの1ミリ
  4. 人と会社
  5. 人的資本
PAGE TOP