ネガティブなとらえ方を換える方法

理想と現実の差が
ギャップです。

このギャップを
考えるとき
「ネガティブ」

あるいは
「悪いもの」と
考えていませんか?

確かに
理想に対し
そこに到達していない現状は

足りていないことが
目立ちます。

例えば
理想に対し何度も挑戦して、
失敗すると

「もう無理だ」と
なってしまいます。

もう無理だ

しかし
ここで

「何度も挑戦して
達成できないからこそ
挑戦する意義がある」とか

「飛躍のチャンス」と
とらえ方に変えることができれば

めげることなく

「新たな行動」を
生むことが出来ます。

この
「新しいことに変換する」
為には

とらえ方を換え
新しい視点が
必要です。

例えば
環境を変えてみる

室内ではなく
室外で
会議をする

室外での会議

雰囲気が変わるだけで
良いアイデアが
出かも知れません。

あるいは
私たちのような
コーチをつけるのもお勧めです。

プロのコーチは
知識を持ち
訓練を積んでいますので、

新たな視点を
持つための
質問を投げかけることが出来ます。

以前こんな質問がありました。

「今の現状はどうですか?」

「膠着して
動けない状態です」

「そうですか?

ではここにドローンがあって
今の状態を空から
撮影したらどんな風に見えますか?」

ドローン

これは
今風で
とても面白かったです。

単純に
膠着している状態を
上から見るだけなんですが、

「あ!AさんとBさんの
距離が他の人より
かなり空いています。

そうか!
あの二人を
もっと近づけたら

物事は前進するかも
しれません」

状況を
客観視するには
まだまだ面白い質問があります。

「今の現状を
色に例えると
何色ですか?」

「何の制限もなければ
何をしますか?」

「未来のあなたが
過去である今に
やってきました。

成功したあなたは
過去のあなたに
どんなアドバイスをしますか?」

等々
新たな視点は
色々あります。

では
ネガティブなとらえ方を
ポジティブに換えるには

何が必要でしょう。

それが
こちら

①ネガティブな言葉に着目しする
②その状態の見方を変える

①ネガティブな言葉に着目しする

着目

ネガティブな言葉は
本人は意識せずに
使っているものです。

それを
あえて拾い上げます。

それで
自分自身が
ネガティブになっていることに

先ずは気づいてもらいます。

その上で
②その状態の見方を換える

換える

換えるときに
先ほどの
色々な視点を投げかけるのです。

色々な視点を
投げかける
良いツールがあります。

それが
Points of YouⓇ

Points of YouⓇ

イスラエル生まれの
このカードは
別名「コーチングゲーム」

コーチングするために
編み出された
カードです。

見た目もカラフルですが、
新たな視点を
得るには最適です。

毎月こちらを使った
体験会をやっていますので、
興味があればお越しください。

今は過去の行いの結果です。

未来を変えるには
今を変えなければ
なりません。

換えるのは
あなたですよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月9日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【11月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月14日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【11月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月20日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【11月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コーチング
  2. バンジーバンジー
  3. ボルソナロ氏
  4. やりたいが見えてくる
  5. フェースシールド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人的資本経営
  2. ワールドカップ
  3. ドーハの1ミリ
  4. 人と会社
  5. 人的資本
PAGE TOP