落とし穴

フィードバックを受けた後の落とし穴とその克服方法

フィードバックの重要性

他者からのフィードバックは
自分自身の成長にとって
非常に有用です。

多くの人が
フィードバックの価値を
認めており

これに
異議を唱える人は
少ないでしょう。

もしフィードバックを
軽視する人が
いるとすれば

それは自己成長の機会を
逃していることに
なります。

しかし
フィードバックを効果的に
活用できない人も少なくありません。

皆さんは
どうでしょうか?

フィードバックの活用とは

 

フィードバックを
活かすとは

フィードバックを
受けて行動を
変えることです。

行動

行動

単にフィードバックを
聞くだけでは
意味がありません。

フィードバックの
受け取り方には
失敗例があり

大きく分けて
以下の二つのパターンが
あります。

1. 受け止められない場合

 

フィードバックを
受け止められない
ことがあります。

これは
自分の理想と現実のギャップが
大きすぎる場合に起こります。

ギャップ

ギャップ

このギャップが大きすぎると
人は防衛反応で自己を
正当化しようとします。

  • 「あれは運が悪かったからだ」
  • 「部下の単なる不満だ」
  • 「相手の能力が低かったせいだ」

確かに
フィードバックの
中には

フィードバックした側の
勘違いが含まれていることも
あります。

その場合は
丁寧にその勘違いを
訂正することが必要ですが

もしかするとその勘違いは
自分自身がしている
かもしれません。

この防衛反応が
日常化
してしまうと

日常的に
折角のフィードバックを
活かせなくなります。

その結果
さらにフィードバックが
必要になってしまうのです。

2. どう変われば良いかわからない場合

わからない

わからない

 

フィードバックを
受けてギャップを
認識しても

どう対応すれば
よいかわからない
場合があります。

このような状況では
試行錯誤しても
成果が出ず

いつの間にか
フィードバックを
意識しなくなってしまうことがあります。

これは非常に
もったいない
ことです。

コーチングの重要性

コーチング

コーチング

フィードバックを
受けた後

どのように
変われば
良いかについて

フィードバックを
再度受けることが
重要です。

ここで
コーチングが
役立ちます。

コーチングでは
様々な観点から質問を行い
色々な視点を検討することができます。

その中で
必ず対応策が
見つかるでしょう。

選択肢を多く持つことが
事態打開の
突破口になります。

まとめ

 

フィードバックを
活かすためには
受け止めることと

具体的な
行動変容を
実行することが重要です。

防衛反応を乗り越え
どのように変われば良いかを見
つけるためには

コーチングを
活用することが
有効です。

皆さんも
フィードバックを
生かして

自分自身の成長に
繋げてみては
いかがでしょうか?


このブログ記事が
フィードバックを
効果的に活用し

自分自身を
より良くするための
ヒントとなれば幸いです。

フィードバックを
受けた後の落とし穴に気をつけて
成長への一歩を踏み出しましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 達成
  2. 聴き上手
  3. 伝え方
  4. プリクラ
  5. 友達百人
  6. やりたいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP