止める

始める勇気と止める勇気。どちらも必要!!!

何かを止めるときは
何かを始めると同じくらい
エネルギーを使います。

また、その効果は
何かを始めるより
絶大かも知れません。

であれば、
「止める」決断も
大切な決断。

しかし、
どうも
「止める」には

後ろ向きというか
建設的でないというか
ネガティブな感じがします。

でも
「行動変容」の観点で言うと
「止める」も「行動変容」です。

そう考えると
「止める」選択肢は
検討に値します。

「止める」選択肢は
何かを始めることと
同じ

であれば

「止める」決断も
前向きになれます。

ひとは
恒常性を
好みます。

恒常性

恒常性

生きるって
そういうことなんですよね。

朝起きて
朝食を食べて
活動して寝る。

これを
「止める」と
どうなるか?

例えば
「食事」を
止める

食事

生命維持に必要な
食事を止める。

空腹感が出てきて
イライラしたりします。

ひとによっては
めまいや貧血を
起こすかも知れません。

でも、
ひとって太古の昔は
狩猟で生活していました。

とすると
獲物を得られないときは
何日も食事を取れないこともあったはず。

狩猟

そう考えると
「食事を摂らない」も
日常?

「止める勇気」

敢えて
ハードルを
下げてみて考えてみました。

考えてみれば
ひとは変わっていくもの

変わるって言うことは
何を止めて
何かをはじめること

試しに「止めてみる」
取り敢えず、
「止めてみる」

これって
何かを始める
スタートになるかも知れません。

ひとって
1日24時間は
変わりません。

でも
その使い方は
千差万別

その時間の中に
何かがあれば
それ以上入れられませんが、

逆に
止めれば
新たな何かを始められる。

「始めるために
止める」

これって
超前向きな
考え方ですよね。

うむうむ
「止める」ことは
超前向きな行動!?

そして
勇気のいること

止めて支障があれば
止めることを
止めてもいい

「止めることを
止めること」が
抵抗を感じるのであれば

徹底的に
考えるのも
価値あること

「ちょっと止め」も
「何が何でも止める」も
納得いく方を選れべばいい。

「止める」の
勧めでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【12月12日】自分を知り活かすセミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月14日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月20日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月26日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 雨と花壇
  2. ギャップ
  3. 困難
  4. チャンス
  5. テーマ
  6. 自己成長感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. チームビルディング
  2. 井戸端会議
  3. 自分らしさ
  4. バラバラなチーム
PAGE TOP