継続

継続は力なり。そしてその成果(Vol1594)

「継続は力なり」
という言葉を聞いたことが
あるでしょうか?

この言葉は
何事も継続することが
重要であり

その積み重ねが
力を生むという意味が
込められています。

皆さんは
何かを継続して
取り組んでいますか?

私も最近
ある知り合いの
成功体験から

インスピレーションを受け
継続の重要性を
再認識しました。

この知り合いは社長であり
彼が行っている継続的な
取り組みは

毎朝10kmの
ウォーキングです。

ウォーキング

ウォーキング

10kmという距離は
驚くべきものですが

彼の体は
その継続的な努力によって
驚くほど引き締まっています。

私も彼の姿に刺激され
昨日は自らも散歩に
出かけることにしました。

夕方にZoomがある日でしたが
外出する予定がなかったため
せめて30分の散歩をしようと決意しました。

公園まで歩き
少し遠回りして
帰るという

簡単な散歩でしたが
帰宅時には
軽く汗をかいていました。

この短い散歩が気分転換となり
昨晩はぐっすり
眠ることができました。

継続した運動の効果は
心身の健康に直結すると
実感しました。

そして
私が継続して取り組んでいる
ものと言えば

このブログです。

ブログ

ブログ

5年前に始めたブログは
毎日書くことが
当たり前の日課となりました。

雨の日も風の日も
病気や旅行中でも
欠かさずに記事を書き続けています。

その結果
検索エンジンでの
上位表示が増え

私の専門分野である
コーチングや
広島市に関するキーワードでの

検索結果に
ブログが表示されるように
なりました。

また
先日驚いたことが
ありました。

コーチング用語である
「アカンタビリティ」を
Googleで検索したところ

私のブログが
2番目に
表示されたのです。

これは
本当に
驚きましたが

同時に
嬉しい驚きでも
ありました。

々の努力が
実を結び
多くの読者に

支持されていることを
感じました。

私たちの仕事は
自らの知識や
経験を共有し

他者とコミュニケーションを
取ることで
成り立っています。

コミュニケーション

コミュニケーション

そのため
ブログを
通じて

さまざまな情報や
アイデアを
発信することは

非常に
重要な役割を
果たします。

コーチングのような技術は
仕事だけでなく
日常生活や

子育てにも
応用できるため

ブログの対象として
幅広いテーマを
扱うことができます。

今後も
気になることや伝えたいことを
継続して発信していきます。

読者の皆さんにとって
役立つ情報や
示唆に富んだ内容を

提供し続けることが
私の使命だと
考えています。

これからも
よろしく
お願いいたします。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月15日】自分を知り活かすセミナー
【2月20日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【2月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 全員参加
  2. 川の流れ
  3. 質問
  4. 看護師長
  5. 成人の日
  6. 運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 革新
  2. 人材育成
  3. VUCA時代
  4. コントロール術
  5. 勇気
PAGE TOP