伴走者

コーチングにおける伴走者とトレーナーの役割

コーチングスキルの本質:
フィードバックの難しさ

コーチングの
世界において

フィードバックは
極めて重要なスキルでありながら
非常に難しいものです。

フィードバック

フィードバック

コーチとしての役割を考えると
私たちはクライアントに対して
リーダーシップを発揮するよりも

伴走者として
寄り添うべきだと
感じます。

しかし
クライアント側からは

フィードバックを
通じて具体的なアドバイスや
指導を求められることが多いのです。

ここに
コーチとクライアントの間に
ギャップが生じるのです。

伴走者としての
コーチと
クライアントのニーズ

伴走者という
役割は
あくまで

クライアントの
サポートに
徹するものであり

主役は
クライアント
自身です。

しかし
フィードバックの
場面では

コーチがリードすることが
求められる場合が
あります。

これは
マラソンの伴走者が
競技者を

伴走者

伴走者

リードすると
失格となるような
状況とは異なります。

コーチングに
おいては
クライアントを

リードすることが
必ずしも悪いことでは
ないのです。

クライアント視点からの
フィードバックの
重要性

クライアントの
視点から見れば

課題解決のためには
コーチに
リードしてもらうことが

効果的だと
考えることが
あります。

むしろ
適切なタイミングで
リードしてくれるコーチを信頼し

その指導を
求めることが
多いでしょう。

しかし
ここで重要なのは
コーチが一方的にリードするのではなく

クライアントの成長を
見据えたサポートを
行うことです。

成長

成長

成長を促す
フィードバックの
アプローチ

フィードバックの
目的は

単にクライアントが
目標を達成することだけでは
ありません。

もう一つの重要な目的は
「成長」を
促すことです。

クライアントが自ら気づき
行動を起こすことを
助けるためには

時には失敗を許容し
その経験を通じて学ぶ機会を
提供することが必要です。

これにより
クライアントは自立し
コーチングなしでも

自立

自立

自己成長を
続けられるように
なるのです。

失敗を
許容するコーチングの
価値

敢えて
失敗を黙認する
ことは

コーチがクライアントを信頼し
その意図を理解しているからこそ
可能なアプローチです。

このような信頼関係が築ければ
コーチングの効果は
最大限に発揮されます。

最終的には
クライアントが
自立し

コーチングが
不要となる状態を
目指すことが

コーチの究極の
目標です。

結論:フィードバックの真髄

効果的なフィードバックを行うためには
コーチはクライアントの成長を
最優先に考えることが重要です。

目標達成のための
リードも必要ですが
それ以上にクライアントが

自己成長し
自立できるように
導くことが求められます。

コーチとしての役割を再確認し
フィードバックの本質を
理解することで

より効果的な
コーチングが
実現できるでしょう。

コーチングは
単なる課題解決の
ツールではなく

クライアントの成長を支えるための
伴走者としての
役割を果たすものです。

この視点を持つことで
コーチとしてのスキルを
一層高めることができるでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月10日】自分を知り活かすセミナー
【6月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月25日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 才能を引き出す
  2. 良い質問
  3. 目的を持った質問
  4. ルール
  5. 組織
  6. 対立

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. メタバース
  2. 道しるべ
  3. 使命
  4. 受け取る
  5. 痛み
PAGE TOP