鏡

喜ばれるフィードバックの秘訣:鏡のように映し出す

「フィードバック」
という言葉の由来を
ご存知でしょうか?

fフィードバック(Feedback)の
「Feed」は「Food」から
派生した言葉です。

つまり
フィードバックとは
「食べ物を与える」という意味に由来し

食べ物

食べ物

相手にとって嬉しいものであり
欲しているものでなければ
ならないのです。

しかし
現実には
フィードバックが

相手にとって
喜ばれない場合も
多いのではないでしょうか?

フィードバックが
喜ばれない理由

喜ばれない

喜ばれない

なぜフィードバックが
相手にとって喜ばれないものに
なるのでしょうか?

その原因の一つは
フィードバックが
相手にとって

必要な情報や
欲しい情報では
ないことです。

フィードバックは
単なる情報の返送を
意味しますが

エアコンのように
正確に機能しないのが
人間です。

エアコン

エアコン

エアコンは設定した温度になると
自動的に出力を
調整します。

これはエアコンの
出力側に
「基準温度になった」

という情報が
戻されることで
成り立つ仕組みです。

人間関係における
フィードバックの難しさ

しかし
人間には
感情があります。

感情

感情

食べ物だと思って渡したものが
相手にとって食べ物でない場合
受け取る側も感情的になります。

さらに
欲しい情報でないと
困惑や抵抗を引き起こします。

では
どうすれば
相手にとって

喜ばれるフィードバックを
提供できるので
しょうか?

鏡のような
フィードバックの
提供

鏡

ヒントは
「鏡」に
あります。

鏡は
「見えたまま」
「聞こえたまま」

「感じたまま」

映し出します。

人は
自分の姿を鏡なしでは
見ることができません。

同様に
相手にとっても
自分の行動や状況を

客観的に理解するための
「鏡」となるフィードバックは
非常に貴重です。

そこで重要なのは
見えたままを伝えることに
集中することです。

鏡としての
フィードバックの
実践方法

実践方法

実践方法

フィードバックを行う際には
自分の意見や判断を加えないことが
大切です。

「だからこうしなさい」と
アドバイスを
加えてしまうと

フィードバックは
相手にとって不要な
情報となりかねません。

単純に
「あなたの行動はこう見えた」
「私はこう感じた」と

伝えるだけで
相手にとって
貴重な情報となります。

相手がフィードバックを
受け入れない場合

受け入れない

受け入れない

鏡のようにフィードバックを提供しても
相手がそれを受け入れない場合も
あります。

その場合は
その情報が鏡の情報であることを
丁寧に説明する必要があります。

鏡がなければ
自分の姿を正確に見ることは
できません。

同様に
正確なフィードバックが
なければ

相手は自分の状況を
正しく理解することが
難しくなります。

喜ばれるフィードバックの
まとめ

まとめ

まとめ

相手が喜ぶ
フィードバックを
提供するためには

鏡のように相手の行動や状況を
そのまま映し出すことが
重要です。

自分の意見や判断を加えず
見えたままを
伝えることで

相手にとって
本当に必要な情報を
提供することができます。

これが
相手が喜ぶフィードバックの
秘訣です。

実践してみよう

スタート

実践

フィードバックを提供する際には
常に鏡の役割を
意識しましょう。

見えたままを伝えることに集中し
自分の意見や判断を
控えること。

これにより
相手にとって喜ばれるフィードバックを
提供できるようになります。

相手が
フィードバックを
受け入れやすくするためには

その情報が
客観的であることを
強調することも忘れずに。

フィードバックは
相手の成長をサポートするための
重要なツールです。

鏡のように
正確で客観的な
フィードバックを提供することで

相手が自分自身を理解し
成長する手助けを
することができるのです。

これからは
鏡のような
フィードバックを意識して

相手が
喜ぶフィードバックを
提供してみてください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月25日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アセスメント
  2. 緊急事態宣言
  3. 喜んで
  4. 爽快
  5. コロナ疲れ
  6. 運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. メタバース
  2. 道しるべ
  3. 使命
  4. 受け取る
  5. 痛み
PAGE TOP