会議

その会議は本当に必要ですか?

最近、Zoomで会議が出来るようになり
会議に参加する機会が
増えています。

そこまで行く時間や
手間が省けて良いのですが、

その会議が
会議を開くための
会議になっている会議も少なくありません。

会議を開くことが
ルーチン化してしまい

開催することが
目的になっている
会議があります。

これは
双方にとって
ロスとなります。

仮に参加者の年収が6百万円として

平均労働時間2,000時間を
時給にすると
3,000円

ここに諸経費等を
5割と考えると
一人当たりの費用は4,500円

これを20名で
2時間会議をすると

4500×20×2
=18万円となります。

これを毎週すると

18万×52回
=936万円
になります。

かなりの費用になります。

会社としても
会議では
売り上げは上がりません。

現場に社員が
行ってこそ、
売り上げが上がります。

それを考えると
少なくとも
その会議に掛けた費用を上回る

結果が求められます。

結果

結果

しかし、
会議の目的は
多様です。

直接の売り上げアップには
繋がらなくても

人間関係を
構築するための
会議も必要です。

しかし、
そこに目的が
明確になっていなければなりません。

良く、リーダーだけが
会議の目的を
理解していて

参加者が
何のために集合したか
不明確な会議があります。

リーダーはどんなに忙しくても
そこに参集してくれる
メンバーに対し

その目的を
明確にし

その役割分担を
明確にしなければ
良い会議は出来ません。

会議が多い
リーダーの皆さん

「その会議本当に必要ですか?」

これは単に
会議を減らせと言っているので
ありません。

必要な会議を
必要に応じて
開くのは重要なリーダーのマネジメントです。

その会議の効果が
最大限になるよう
工夫してください。

会議マネジメントは
コーチングスキルにも
相通じます。

会議マネジメントが
不安な方は
ご相談ください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月16日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー
【7月20日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【7月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【8月9日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー
【8月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【8月17日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【8月21日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月22日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【8月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 浜田尚里
  2. 伝える
  3. スパイス
  4. 透明マスク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

最近の記事

  1. 防御
  2. ストレスコントロール
  3. スパイス
  4. 前へ前へ
  5. アサーティブ
PAGE TOP