考える

言葉は考えるためのツールです。上手く使っていますか?

言葉はコミュニケーションツールで
あると同時に

考えるためのツールでもあります。

言葉によって、
優先順位を決めたり
明日の予定を考えます。

脳はイメージを
言葉に換えたり

言葉をイメージに
換えたりします。

たとえば
「紫陽花とカタツムリ」から
「梅雨」と言う言葉が浮かんだり

逆に、「夏休み」から
海や山をイメージします。

これを
仕事に応用しない手は
ありません。

「ビジネスを成功させたい」
と言う言葉には

ビジネスの成功

ビジネスの成功

「社員がイキイキと働き
お客様が喜んでいる」

そんなイメージが
思い浮かびませんか?

このイメージは
心地よい感覚を
体内に生み出しています。

「ビジネスを成功させよう」
と言葉で言うことで
ポジティブな気分になります。

逆に
「ビジネスを失敗させない」
とか

「この暗い雰囲気を
何とかしたい」

暗い雰囲気

暗い雰囲気

と言った
ネガティブな言葉は
不安な感覚を体内に生みます。

成功する手段として
失敗を避ける

或いは
成功するためには
暗い雰囲気を払拭するは

アプローチとしては
間違っていません。

しかし、
脳は一度イメージした
画像は簡単には消せません。

いくら
「避けたい」とか
「払拭する」と言ってもだめです。

このネガティブな感覚は
無意識に人のエネルギーを
低下させます。

さらには
人はそのイメージに向かって
行動してしまうので、

さらに状況が
悪化していってしまいます。

そこで、
ネガティブな表現は
使わないようにしましょう。

これは
「思考ぐせ」ですから
そのフレーズが浮かんだら

ポジティブワードに
変換します。

たとえば

「目標を未達にしたくない」

「目標を超えたい」

「嫌われたくない」

「好かれたい」

「だめと言われたくない」

「良いと言われたい」

これだけでも
全然脳への負担は
軽くなり

気持ちの持ち方が
変ってきます。

また
直近よりは遠い未来

小さいよりは
大きい方が
ポジティブになれます。

手前の小さい目標ではなく
将来の大きな目標達成を
イメージしましょう。

さあ、ポジティブに
前に向かって
進みましょう!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月16日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー
【7月20日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【7月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 緑のレーザーポインター
  2. 協同の場
  3. 前に進む
  4. 夫婦喧嘩
  5. コミュニケーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 会議開始時
  2. 聖火最終ランナー
  3. 生命保険信託
  4. スポーツの日
  5. 海の日
PAGE TOP