ジンベイザメUFOキャッチ

UFOキャッチャーで絶大なる信頼獲得!

早めの
夏休みで
沖縄に行きました。

沖縄

台風が近づいていて
決して
万全な天気ではなかったのですが、

海にプール
そして
美ら海水族館に行ってきました。

5歳、7歳そして9歳の
孫が中心の
旅行でしたのでしたので、

観光というよりは
泳ぐのが
メインでした。

ラグナガーデンホテル

雨の心配もあったので
朝昼そしてナイトプールと
1日中プールで泳いでいました。

子供って
泳ぐと
飽きないんですね。

そんな中
美ら海水族館にも
行きました。

美ら海水族館

美ら海水族館と
言えば
あのジンベイザメ

子供じゃなくて
大人も
一日中楽しめます。

そんな中
あったのが
UFOキャッチャー

ジンベイザメUFOキャッチャー

先ずは7歳の
お兄ちゃんが
挑戦。

すると
なんと
2回目で見事ゲット

それを見た
末っ子の妹が
挑戦。

しかし
ゲットできず
半泣き

そこで
お父さんも
挑戦するのですが、

5回挑戦して
失敗

もう
末っ子は
大泣き

そこで
おじいちゃん
登場

1回目
掴むも
持ち上がった瞬間に落下

「もう
良いですよ」
と言われながら

もう
1回だけ
挑戦。

すると
見事に
キャッチ成功!!!

「おじいちゃん
ありがとう」
もう孫は大喜び

知らない人でも
「これ、おじいちゃんに
取ってもらったの」

と自慢していました。

その日の
昼食でも
おじいちゃんの横に座ってくれました。

笑顔でパチリ

そして
その晩は
初めておじいちゃんと寝ると言って

ベッドに
来てくれました。

まあ、
孫は
可愛いものですね。

でも
こうして
人間関係って出来ていくんだなと

勉強になります。

とても
単純な話ですが、

欲しいものを
取ってくれる。

それも
ちょっと
困難な状況を乗り越えると

さらに
その信頼度は
大きく向上します。

今回は
たまたま
ジンベイザメUFOキャッチャーでしたが、

人生の関わりにおいては
もっと複雑な
出来事があります。

そんなとき
そっと寄り添い
そっと助けてくれる存在

そんな
存在になれば
相手を信頼するようになります。

「懐いて欲しい」
ではなく

「懐くように」
関わることが
孫との信頼関係醸成には

一番
大事なことです。

夏休みが
始まり
孫が来たりすると思いますが、

孫と
一緒に
過して

ちょっとした
手助けをすることで
信頼関係を築いてください。

まあ、
そんなに気張らなくても
一緒に過していれば

大人の
助けは
必ず必要なのが子供

一緒に
楽しい夏の思い出を
作っていけば

必ず
信頼関係は
生まれます。

良い夏に
してください。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月16日】自分を知り活かすセミナー
【8月17日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【8月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月23日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【8月29日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 同友会チラシピックアップ
  2. 考える
  3. 行動
  4. モチベーション
  5. やる気
  6. 辰年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. タンブラー
  2. 目標
  3. 伝わるフィードバック
  4. 鏡
  5. 伴走者
PAGE TOP