アカンタビリティ

あなた(リーダー)には長期的に部下を育てる意識ありますか?

組織においては
リーダーは
交代していくものです。

先日
ある銀行の支店長さんと
話しているとき

銀行

銀行

人材育成の話になりました。

その時に
支店長さんが
人材育成に関して

「私どもは
転勤が2,3年毎にあります。

従って、
長期の人材育成が
出来ない現状があります。」

なるほどと
思う反面

だから
銀行では
ひとの定着が少ないと思いました。

銀行に限らず
お金に関わる
企業さん

例えば郵便局も
この担当交代は
短いようですね。

だからこそ
長期的視点に立った
人材育成の観点は必要です。

このとき必要な意識が
アカンタビリティ
(当事者意識)です。

社員がアカンタビリティを
発揮すれば
自ずと自己成長しようとします。

そもそも
アカンタビリティとは

「主体的に自ら進んで
仕事や事業の責任を
引き受けていく意識」や

「一人ひとりが、
自分の責任において考え、
行動を起こす意識」

のことを言います。

しかし、
これは自分だけの責任を
果たすことだけではなく

組織やチームの
「共通目標」を達成することに
意識を向けられて

本当の
アカンタビリティが
発揮される事となります。

アカンタビリティの
反意語をご存じですか?

それは
ビクティム
(被害者意識)です。

ビクティム

ビクティム

「自ら考えることなく、
指示や命令だけに従って
仕事や事業を引き受ける意識」のことです。

如何ですか?
こんな社員いらないですよね?

でも、
長期的な視点に立った
人材育成が出来ないと

こうした社員ばかりに
なってしまいます。

だって、短期で成果を
上げるためには
指示や命令に従わせた方が良いからです。

その意味において
コーチングの目的は

正に、この個人と組織の
アカンタビリティを
高めることにあります。

リーダーは
自分自身の
アカンタビリティだけではなく

メンバーの
アカンタビリティを開発することが
求められます。

長期的な視点に立った
人材育成か

短期的な視点での
人材育成か
どちらを選びますか?

それを考えるのが
リーダーである
あなたの責任です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【4月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【4月20日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月22日】フローに乗るセミナー
【4月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月27日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. チーム力
  2. 目的
  3. 助けを求める
  4. ポテンシャルな私
  5. 運気を上げる
  6. ビーバームーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ストップウォッチ
  2. 鮮度
  3. タイプ
  4. ニッカ仙台工場
  5. 挑戦的な目標
PAGE TOP