物語

仕事を主体的に関わっていないひとはその人の物語の中にいます

日々、ものすごく
主体的に仕事を
している人でも

「あいつらは
主体性がない」
と部下批判をした瞬間

その人の
人を育てることに関して
被害者のスタンスに変わります。

被害者

被害者

被害者は
被害者の物語の中に
います。

「自分はちゃんと
伝えているのに
動いてくれない」

「どうして
動かいないのだろう」

「彼らには
やる気がないのだろうか?」

その被害者意識は
だんだん増幅されて
いきます。

ここで、
コーチングの
出番です。

ちゃんと
誰かから話を
聴いてもらうと

その物語を
離れて見ることが
できるようになります。

コーチの
することは
以下の3つ

①被害者としての物語を徹底的に聴く
②被害者の未来についてリスクを明確にする
③主体者としての物語を描かせる

①被害者としての物語を徹底的に聴く

聴く

聴く

ひとは面白いもので、
他者に話すことで
その話を自分でも聴いています。

すると
聴いてもらっているうちに
自分の話が被害者の物語になっていると

気が付くようになります。

従って、
始めはただ黙って
聴きましょう。

ただ黙って聞くうちに
相手のガス抜きができたところで、

次のステップに進みます。

②被害者の未来についてリスクを明確にする

リスク

リスク

大事なことは
この過程は
最初のステップで

本人がそのリスクにうすうす
気が付いたタイミングでなければ
ならいないことです。

自分で気が付いていないうちに
リスクを示すとますます
被害者の物語に入り込んでしまいます。

気が付いたタイミングであれば

「この状態を続けると
どうなると思いますか?」
と問うだけで

次のステップに
移行します。

③主体者としての物語を描かせる

主体者

主体者

「であれば
この状態を抜け出すには
何をあなたはしますか?」

この問いで
もともと主体的な
ひとですから

自ら
その行動を
主体的に決め

行動してくれるように
なります。

如何ですか?

あなたのコーチングで
被害者の物語の
主人公を助け出しませんか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【4月19日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【4月20日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月22日】フローに乗るセミナー
【4月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月27日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【5月9日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【5月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【5月14日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月17日】フローに乗り続けるセミナー
【5月18日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【5月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アサーティブネス
  2. ポテンシャルな私
  3. ネットワーク
  4. メタ・コミュニケーション
  5. ミーティング
  6. メール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 聞き入れる
  2. 指示・命令
  3. 協力
  4. 母の日
  5. 地球ゴマ
PAGE TOP