問い

成功するリーダーが持っている共通の問いは何だと思いますか?

成功するリーダーとは
どのような
リーダーでしょうか?

過去成功した
リーダー達の
共通した行動は

「次のリーダーを
見つけ、育成する」
です。

成長

育成

これって
「ハッ」と
させられませんか?

皆さんが
リーダーだとして
次のリーダーを育てていますか?

育ててないとすると
そこに足りないものは
アカンタビリティです。

アカンタビリティとは

日本語には
「当事者意識」
「説明責任」と訳されます。

つまり
組織を継続的に
成長させるには

リーダーとしての
当事者意識が
欠かせないのです。

つまり

アカンタビリティが高いとは
リーダーとして
現場の行動に責任を持ち

逃げない態度を
とり続けること

そしてそれは
自分だけではなく
メンバーに対してもそれを求めること

メンバーのアカンタビリティが高いと
そのチームが活性化し
結果的に

アカンタビリティ

アカンタビリティ

次のリーダーが
育っていきます。

アカンタビリティの
反意語は
ビクティム

ビクティムなリーダーは
起こった出来事を
防衛的に対応します。

その結果
失敗の原因を
相手に責任転嫁します。

相手が
部下であれば
部下の責任

相手が環境であれば
環境の責任と
考えます。

これでは
チームとして
良い結果は期待できません。

一方
アカンタビリティが
高いリーダーは

沢山の選択肢の中から
より良い対応を考え抜き
自分で選択し続ける傾向があります。

そのアカンタビリティが
高い問い質問が
こちら

「今、
自分が取れる
最善の行動とは何か?」

具体的には

「話を効果的に
聴くには
何が必要?」

「円滑な
コミュニケーションは
どうしたら取れるか?」

「どうした
メンバーが
やる気を起こすか?」

「アカンタビリティを
チームに浸透させるには
何が必要?」

これらの問いは
選択肢を拡げ
拡がった選択肢の中から

行動するので、
結果として
最善の行動を取ることが出来ます。

今まで一番楽しかったこと

最善の行動

言い換えると
「アカンタビリティ」が
高いリーダーは

「常に選択し続ける人」
と定義づけ
られます。

如何ですか?

「今、
自分が取れる
最善の行動とは何か?」

この問いを
し続けていますか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【1月11日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【1月12日】自分の特性を知り活かすセミナー
【1月13日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
1月18日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【1月23日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【1月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月15日】自分を知り活かすセミナー
【2月20日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【2月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アクティブリスニング
  2. 次のステージ
  3. 変わりたい
  4. 効率的
  5. ラーニングピラミッド
  6. 看護師長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 革新
  2. 人材育成
  3. VUCA時代
  4. コントロール術
  5. 勇気
PAGE TOP