リーダー

成功を収めているリーダーは常に〇〇し続ける特徴がある

成功しているリーダーは
継続的に次期のリーダーを
育てています。

 

次期リーダーを
育てるとは
どういう意味を持つでしょう?

 

それは人に関心を持ち
育てるために
自らも学び続けることです。

 

学ぶことの中で
最も重要な項目が
「アカウンタビリティ」です。

選択し続ける

アカンタビリティ

「アカウンタビリティ」とは
「説明責任」であったり
「ポジティブな自責」と訳されます。

 

「アカウンタビリティ」の
反意語が
「ビクティム」です。

ビクティム

ビクティム

「ビクティム」なリーダーは
起こった出来事や相手に
防衛的に反応します。

 

防衛的反応とは

 

例えば今の
コロナ禍

 

売り上げ減少を
コロナのせいにして
嘆いているだけで何もしないこと

 

確かにこのコロナの影響は
リーマンショックを
はるかに超えています。

困難を乗り越える

大きな困難

私はメディカルリスクマネジャーという
医療上のリスクマネジメントを
行う資格を持っています。

 

その観点から
今回のコロナは
まだ、始まったばかりです。

 

8月11日の
新規患者数は
久しぶりに千人を切りました。

 

しかし、これは
お盆で検査件数が
減っただけ

 

お盆明けの来週は
2,000人を超えてくるでしょう。

 

私自身は
今年の帰省を
諦めました。

 

しかし、
GOTOキャンペーンで
帰省や旅行は促されています。

Go Toキャンペーン

Go Toキャンペーン

これでは
感染者数は
減りません。

 

結果として
第二波は拡大します。

 

そして、
本格的な
冬になると

 

今度は
第三波が
訪れます。

 

さて、
あなたの会社は
それに備えていますか?

 

私の予想が
幸運にも
外れたとして

 

今までのような
事業では
成り立ちません。

 

そこで
求められるのが
次の質問です。

 

「今、自分たちの取れる
最善の行動は何か?」

 

リスクマネジメントは
想定外を
減らす作業です。

 

コロナが
長引くことへの
対応を選択肢と考えておく

 

このことは
とても
重要です。

 

さて、
あなたがリーダーとして
成功を収めるために

 

あらゆる可能性に対し
選択肢を増やしていますか?

 

その答えは
1年後
10年後に表れてきます。

 

選択肢を増やしましょう。
それがアカウンタブルな
成功するリーダーです。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守で誰にも知られずにパーソナルコーチングも行っております。
コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月19日】カードを使ったアイデア発想法(Points of YouⓇ体験会)
【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(オンラインセミナー)
【9月9日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月13日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【9月19日】カードを使ったアイデア発想法(Points of YouⓇ体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【9月28日】【子どもの才能の見つけ方・育て方】(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ワンチーム
  2. 7月26日コロナ患者数
  3. アフターコロナ
  4. モチベーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 主観的
  2. 嬉しい
  3. 批判
  4. チーム
  5. ポケコン
PAGE TOP