オリンピック談合
  • ESG

今や経営はESG時代に移った

オリンピック汚職事件は
とうとう、電通まで
捜査の手が伸びた。

もう、ここまで
来ると、高橋元理事の
汚職は明白であり

オリンピックという
夢の舞台を
台無しにされた気分です。

だからといって
開催された東京五輪が
つまらないものになった訳ではないが

これに関わった
企業イメージは
大きく損なわれました。

AOKI
KADOKAWA
大広
ADK
サンアロー
電通

電通

名だたる
企業が
ずらり

これは
大企業だけではなく
中小企業とて同じ

もし、
地方において
汚職であったり

会社の
不祥事が
明白になると

場合によっては
企業の存続を
脅かします。

いわば
企業統治(Governance)が
問われる時代になりました。

これに
環境(Environment)
社会(Social)が加わり

ESG時代と
言われるように
なりました。

特に
環境問題も
企業にとって人ごとではなくなりました。

古くは
1989年にあった
エクソン社石油タンカー事故

アラスカ州のプリンスウィリアムス湾に
1100万ガロンの原油が流出し
世界最大の環境汚染事故となった。

その規模の大きさや
事後処理の大変さに
環境汚染に対する関心は高まりました。

その後
国連がSDGs目標を
掲げた中に

環境問題は
重要な項目と
位置づけられました。

環境に配慮しても
昔なら
「それが」だったかも知れませんが、

今や消費者は
環境を意識した企業を
意識するようになっています。

カートナビ

最近ほとんどの
ゴルフ場に
カードナビが導入されました。

ピンまでの距離や
前組との距離が
出るだけでなく

スコアも
入力するように
なりました。

以前は
スコアカードに
記入していました。

あるゴルフ場で
「当ゴルフ場はSDGsに取り組んでいます。
従って、スコアカードは廃止します」

と表示され
スコアカードが
なくなっていました。

スコアカードは
ホール事に
結果を記入するため

ゴルフが終わってから
眺めながら

「あそこのOBは痛かったな」
とか

「今日は3パットが
多かったな」とか

反省材料だったので、
スコアカードが
無くなるのは残念ですが、

「SDGsを
考えて廃止します。」
と言われると反論が出来ません。

また、
近くのパン屋さんでは
食品ロスを無くすため

パン

売り切れごめんで
「売り切る数しか
作りません」

と宣言することで
逆に価値が高まり
連日売り切っています。

消費者は
もちろん、
安くて美味しいパンが一番ですが、

「食品ロスを無くす」
と言った、社会課題に
取り組む企業を応援するようになりました。

さて、皆さんの
会社では
こうした動きに対応していますか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【12月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【12月12日】自分を知り活かすセミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月14日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月20日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月26日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 自己成長
  2. 北京オリンピックボイコット
  3. 提案
  4. 媚びを売る
  5. カマキリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. チームビルディング
  2. 井戸端会議
  3. 自分らしさ
  4. バラバラなチーム
PAGE TOP