間違ったら素直に謝れていますか?

昨日は孫が
我が家にお泊まり

それまでは
お風呂係は
私の役割だったのですが、

今回は
子供達だけで
入れるから必要がないとのこと

孫は
小3,小1,年中
なのですが、

大きくなったなと
思う反面
少し寂しいおじいちゃんです。

ところが、
程なくして
一番下の女の子の泣き声が

様子を見に行くと

「どうしたの?」

「お兄ちゃんが
私のお尻を叩いたの」

「どうして、妹の
お尻を叩いたの?」

「だって、最初に
僕の背中を叩いたんだ」

「え?お兄ちゃんは
そう言っているよ」

「わざとじゃないの
手を伸したら
当たっただけなの」

「そうか?
わざとじゃなくても
手が当たったら言うことがあるよね」

「ごめんね」

「・・・」

「あれ?妹が
謝っているのに
お兄ちゃんは無視?」

「良いよ。
僕も叩いて
ごめんね」

「あ!皆、良い子だね
ちゃんと謝ることが出来た。

じゃ、おじいちゃんも
一緒にお風呂入ってあげる」

って、
着替えをとって
お風呂に行くと

順次、出てきて
私が湯船に入る頃には
だれもいませんでした。

なんて、
落ちでしたが、

でも、
こうして
言って聞かせると

分って
くれるようになったんだなと
思うと

孫の成長を
噛みしめながら
ゆっくり風呂に浸りました。

ところで、
皆さんは自分の間違いを認め
素直に謝れていますか?

謝罪

謝罪

素直に
謝罪できる
大人って意外と少ないですよね。

最近では
旧統一教会と
自民党議員

旧統一教会

旧統一教会

その関係性が
出るわ出るわ。

旧閣僚で
関係性のあった
議員は入れ替わりましたが、

その後の
新閣僚の中にも
関係性のあった議員が続出。

自民党議員から
納得いく謝罪を
聞いた議員は一人もいません。

とても
残念です。

確かに
人気商売ですから
色々な団体と関係を持つことは多い

しかし、
その団体が
過去に霊感商法をしていたり

多額の寄付で
一家離散を余儀なくされている
信者がいる団体に加担したとなると

話は違いますよね。

ある団体から
勧誘を受け

そこに
議員の名前が出てくれば
その団体を信頼します。

「これから
その団体とは
縁を切ります」

だけで良いのだろうか?

政治家だからこそ
間違いがあれば
しっかり謝罪すべきではないか?

誰しも
間違いはあります。

しかし、
それを認め
ちゃんと謝罪できる人を

私は
信用したい。

皆さんも
そうではないですか?

誰か
自分の非を認め
謝罪する議員さん、

出てきて欲しい!

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月29日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【8月30日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【9月12日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【9月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【9月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【9月27日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【9月28日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【9月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 未来
  2. 千尋の谷
  3. フィード(栄養)をバック(与える)する
  4. 気持ちを切り替える
  5. 認める
  6. 栄養

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 鮮度
  2. タイプ
  3. ニッカ仙台工場
  4. 挑戦的な目標
  5. 拒絶
PAGE TOP