夢を叶える

ビリーフ(思い込み)マネジメントで最高に人生を!

「ビリーフ」という
言葉をご存知ですか?

 

日本語訳では
「思い込み」とか
「信念」と訳されます。

 

訳され方によって
全くニュアンスが
変わります。

 

これが、
「ビリーフ」の
特徴です。

 

だから
「ビリーフマネジメント」が
必要になります。

 

例えば

 

「夢」を使って
作文してください。

 

「夢を叶える」
「夢は叶わぬもの」

 

同じ夢ながら
夢のイメージが
変わってきます。

 

心理学的には
この状態で
行動を起こすとき

 

前者は目的が
達成される可能性は
高いのに対し

 

後者では
達成されない可能性の方が
高い結果になります。

 

先日ある講師が
「夢」は叶わないことがあるが
「Dream」は叶わないとは言わない

と言っていました。
確かにそうですよね。

 

だから「夢」ではなく
「Dream」と言う
言葉を使うと言っていました。

 

これも
一種のビリーフマネジメント
ですね。

 

ビリーフは
2種類あります。

 

合理的な
ビリーフと

 

非合理的な
ビリーフです。

 

先ほどの例では
前者が合理的
後者が非合理的です。

 

非合理的な
ビリーフを持っていると

 

それが
ビリーフ通りでないと

 

混乱を起こしまします。

 

失敗をするたびに
イライラし
攻撃的になります。

 

そして、
その感情は
益々、失敗を生みます。

 

そこで、
この非合理的な

 

ビリーフは
書き換える必要が
あります。

 

しかし、
これが中々
難しい。

 

そもそも
自分の持っている
ビリーフに

 

気がつかなかったりします。

 

また
ビリーフは
あなたの信念です。

 

信念は
自分らしさの根幹であり

 

そう簡単には
手放すわけには
いきません。

 

しかし、
手放さないと混乱を
味わいます。

 

結果、
自分を守ろうとして

 

自分や相手を
傷つけることになります。

 

そうならない為に
先ずは
ビリーフを棚卸しましょう

 

あなたの
行動の源となっている
ビリーフを3つ挙げてください。

 



 

出来ましたか?

 

そのビリーフ(信念)は
合理的ですか
非合理的ですか

 

ビリーフは
思い込みとも
表現されます。

 

ご自分の出した
ビリーフが
合理的か非合理的か

 

誰かに
聞いてみるのも良いです。

 

ポジティブに
前向きに

 

想い、信念を
書き換えましょう

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【5月8日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【5月11日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【5月12日】《子育てコーチングワークショップ》(Points of You®体験会)
【5月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【5月24日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 孫プール
  2. 対立
  3. Feedback
  4. 同友会7月合同例会
  5. ショートコーチング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 会話の中の違和感
  2. 拡散と収束
  3. ショートコーチング
  4. 現在進行形
  5. 自分で話す
PAGE TOP