違い

言葉の微妙な違いを理解し使いこなそう

コーチングをしていると
言葉の微妙な違いが
大きな違いに結びつくことがあります。

例えば
「叱る」と「怒る」

怒る

部下に対しては
「叱る」であって
「怒る」ではありません。

この違いは何か

それは
「叱る」は
部下のためであり

「怒る」は
自分のためです。

感情的に
気に入らないから
「怒って」いては

部下は付いてきませんが、

部下のために
「叱る」ことは
部下もその違いが分ります。

「目的」と「手段」

目的と手段

これは
コーチングをしていると
良く遭遇する違いです。

「目的」を
話しているはずなのが

いつのまにか「手段」に
すり替わっていることが
あります。

ここは
コーチが冷静に
引き戻す必要があります。

「今の話は
手段の話になっています。

今ここでは
目的の明確化ですよ」

コーチが前のめりになると
この違いをコーチも
分らなくなることがありますので、

注意が必要です。

「事実」と「意見」

事実と意見

これは全く違う言葉ですが、
実際は混在して
使われます。

「彼は遅刻をした
だらしない人間だ」

「遅刻をした」は事実ですが、
「だらしない人間」は意見です。

もし、彼が
交通機関の乱れで
遅刻をしたのであれば

「だらしない」評価は
言い過ぎです。

しかし、
往々にして
一つの事実から

意見を引っ張り出し
それが事実のごとく
話す人がいます。

ここは
冷静に

「確かに彼は
今朝遅刻しましたが、
その理由を確認しましたか?」

と事実のみに
フォーカスを
当ててください。

「受容」と「承認」

受容と承認

「受容」は受け入れる事であり
「承認」は認めること

カウンセリングと
コーチングの違いでも
あります。

カウンセリングでは
まず「受容」が
大事です。

ただただ、
相手を受け入れる

この段階が
重要です。

コーチングでは
さらにそれを
「承認」します。

受け入れて
さらに
「認める」ことで

相手の
やる気を
アップさせます。

カウンセリングでは
「受容」で十分なのに
勢い「承認」までしてしまうと

相手に
プレッシャーを
与えることになり

逆戻りしかねないので、

ここも
しっかり分った上で
使わなければなりません。

他にも
「任せる」「放置」
「要望」「提案」
「戦略」「戦術」
「共感」「同情」
「ニーズ」「ウォンツ」
「リーダー」「マネージャー」

違いが分る
リーダーが
大人リーダーです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月9日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【11月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月14日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【11月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月20日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【11月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 面談
  2. タイプ分け
  3. ベストな選択
  4. 日本の夏
  5. 扇の要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人的資本経営
  2. ワールドカップ
  3. ドーハの1ミリ
  4. 人と会社
  5. 人的資本
PAGE TOP