コミュニケーション

コーチング的人材育成の進め方

昨日は
コーチング的人材育成の勧め
でした。

 

今日は
コーチング的人材育成の
進め方です。

 

昨日もお話ししましたが、

 

「コーチング的人材育成」と
「普通の人材育成」の違いは
誰のためかです。

 

つまり、
「コーチング的人材育成」は
部下のためにあります。

 

とすると、
その進め方は
普通の人材育成とは違います。

 

下記がその流れです。

 

①事前準備
②目標設定
③コーチング
④まとめ

 

①事前準備

事前準備

事前準備

ここではまずは信頼関係の構築
コーチング開始の合意
部下のヒヤリング

 

繰り返しですが、
このコーチングでは
部下の行きたい行き先を確認します。

 

従って、
ヒヤリングでは
部下のなりたい将来像を聞き出します。

 

多くの管理職が
先ずはここから
間違ってスタートしてしまいます。

 

上司が考えている将来像ではなく
部下が考えている将来像が
ゴールとなります。

 

②目標設定

ゴール

ゴール

事前準備で確認した
部下の情報により
部下の行きたい目標を決定します。

 

③コーチング

コーチング

コーチング

 

そして、いよいよ
コーチングのスタートです。

 

通常は
数か月から1年間ほど
繰り返し計画的に面談が始まります。

 

週1回~月1回程度の
頻度で行われます。

 

④まとめ

まとめ

まとめ

コーチングが終了しても
次につなげる必要があります。

 

しっかり、
得たものを
部下と確認しましょう。

 

私たちのようなプロコーチは
ほとんど初対面で
コーチングが開始になります。

 

従って、
最も気を遣うセッションは
事前準備です。

 

管理職の皆さんも
初めての部下は
気を使うと思います。

 

しっかり
部下と向き合って
コーチングを開始してください。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【10月16日】カードを使ったコーチング体験会
【10月19日】Talent Focus®プラクティショナー養成講座
【10月21日】Talent Focus®プラクティショナー養成講座
【10月22日】Talent Focus®詳細解説セミナー
【10月31日】感情にフォーカスしたコーチングセミナー(Points of You®体験会)
【11月7日】Talent Focus®詳細解説セミナー
【11月9日】Talent Focus®プラクティショナー養成講座
【11月12日】自分と相手の特性を活かしあうセミナー
【11月16日】Hello Points ワークショップ(Points of YouRExplorer養成講座)
【11月22日】Talent Focus®詳細解説セミナー
【11月25日】カードを使ったコーチング体験会
【11月28日】可能性を探る(Points of You体験会)

今度のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

セミナーお申し込みフォーム

関連記事

  1. 3人のレンガ職人
  2. 緊急事態宣言解除
  3. 時間を作る
  4. 現状を探る
  5. 2020年初日の出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自責
  2. 夏休み
  3. 自分で切り開く
  4. 負の連鎖
  5. 真剣に考える
PAGE TOP