7月26日コロナ患者数

コロナは既に第二波が来ています。更に第三派に備えていますか?

7月26日の国内
コロナ新規患者数は
836人が確認された。

 

800人越えは2日連続です。

 

これからどうなるでしょうか?

 

恐らく、今のままでは
8月中に2,000人越えに
なるでしょう。

 

コロナ新規患者数は
2週間前の状況を
反映しています。

 

この2週間を
振り返ってみてください。

 

政府は何か
コロナ患者数が
減るような対策は取りましたか?

 

それどころか
「GoToキャンペーン」で
拡散を促進しています。

 

その結果
8月初めには
1,000人を超えるでしょう。

 

いや、今週中にも
その数字は出るかもしれません。

 

あ!申し遅れましたが
私は感染症対策の
専門家です。

 

実は
このような資格を
持っています。

メディカルリスクマネジャー

メディカルリスクマネジャー

以前は製薬会社で
病院の院内感染症勉強会の
講師をしておりました。

 

恐らく15年間で
100回以上の「院内感染症」の
講演をしてきました。

 

この資格は単に感染症に
詳しいだけではなく感染症の
リスクマネジメントにも精通しています。

 

従って、医師でもなく
看護師でもない私がこんなにも
多く講演してきたと思います。

 

感染症対策は
一番が水際対策です。

 

つまり、
新規感染症を
国内に入れない

 

これが、
最善の方法です。

 

残念ながら
日本はこれに
失敗しました。

 

成功している
国もあります。
台湾です。

 

次の対策は
拡大を広げない

 

これは
一時的には
日本は成功しました。

 

しかし、
緊急事態宣言解除が
早すぎた。

 

後、もう2週間
延長していれば
この第二波は先送りできました。

 

日本のように
強い強制力がないのに
第一波を抑えたのはすごかった。

 

しかし、経済に目が眩み
しかるべき決断が
出来なかった。

 

潜伏期間を考えると
2週間完全な外出抑制が
出来れば、

 

コロナは抑え込めます。

 

あの時
GPS情報が盛んに
公開されましたが、

 

専門家の言うように
8割近い外出抑制が
出来ていました。

 

今はどうでしょう?

 

政府ではなく
国民が警戒し
5割抑制程度です。

 

しかし、
8割以上の
外出抑制が出来なければ

 

コロナは
拡大してきます。

 

これから本格的な
夏を迎えると
コロナの感染力は衰えます。

 

しかし、通常の
呼吸器感染症とは違い
コロナは高温多湿でも拡大します。

 

その証拠に
常夏の国でも
感染は広がっています。

 

しかし、感染力は落ちるでしょうから
夏場には踊り場的に
増大は上げ止まるかもしれません。

 

問題は
秋になり冬になって
コロナにとって最適な環境になった時

 

第三波がやってきます。

 

過去のスペイン風邪では
このとき毒性が強まり
致死率が上がりました。

 

これは結果論ですので、
今回のコロナが
どうなるかは分かりません。

 

もしかすると
感染力を高めて
戻ってくるかもしれません。

 

いずれにせよ
今の状況を超える
状況が来ると思うべきです。

 

コロナ対策は
2~3年は必要です。

 

先ずはこの1年を
どう乗り切るかが
重要です。

 

感染症は
ワクチンと抗ウィルス薬が
出て来れば脅威は大幅に減ります。

 

ワクチンの開発は
比較的順調の様です。

 

しかし、私は
以前、インフルエンザワクチンを
売っていたので分かるのですが、

 

ワクチンの製造には
時間がかかります。

 

恐らく来年は
危険度が高い患者さんや
医療従事者が優先されると思います。

 

とすると
早くて、全世界の人が
希望すれば受けられるようになるには

 

来年の秋以降

 

現実的には
再来年と思った方が
良い

 

とすると、
これから来る
第三波には間に合いません。

 

また、治療薬は
普通では10年かかります。

 

運よく、現在ある治療薬で
代替えできれば
もう少し早くできますが、

 

こちらはまだ
時間がかかりそうです。

 

以上を総括すると

 

コロナ対策は
長期戦で臨む覚悟

 

長くて3年は
覚悟する必要が
あります。

 

事業主の皆さん

 

資金調達は出来ていますか?

 

第三波が来た時の
事業形態の見直しは
出来ていますか?

 

緊急に始めた
デリバリーやテイクアウト

 

ネット販売や
オンラインセミナーは
日常になります。

 

準備は出来ていますか?

 

でも、先ずは
ちゃんとした感染症対策が
出来ていますか?

 

消毒の仕方
アクリル板設置の仕方
マスクの正しいつけ方

 

これが出来なければ
お客さんから
選ばれなくなります。

 

ご不安な点があれば
遠慮なく
下記連絡先にご相談ください。

 

こんな時です
お力になれれば
幸です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【8月8日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月10日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー(オンラインセミナー)
【8月19日】カードを使ったアイデア発想法(Points of YouⓇ体験会)
【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(オンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 積み重ね
  2. Go Toキャンペーン
  3. コロナ新規患者6月26日
  4. フィードフォワード
  5. リーダー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 信頼
  2. 大切なもの
  3. Go Toキャンペーン
  4. 森の中の光
  5. 動機
PAGE TOP