ダイバーシティ

ダイバーシティとは違いを楽しむこと

ダイバーシティって
最近ではよく使われます。

「多様性」って
意味で

企業では
外国籍の人の
積極的雇用や

外国籍者の雇用

外国籍者の雇用

女性管理職の
登用等

女性管理職

女性管理職

「違い」が
強調されていますが、

大事なことは
このダイバーシティは
次の言葉がセットであることです。

それが
インクルージョン

インクルージョンとは
「包括」という意味で

包括

包括

「多様性」を
受け入れ、
「活かす」ことを意味します。

そう考えると
外国籍者の雇用や
女性管理職の登用ではなく

お互いの「個性」を
認めあい活かしあうことであり

もっと
我々に身近な
テーマです。

自分と違う意見を
押さえ込もうとしたり

押さえ込む

押さえ込む

「違い」を
優位かどうかで
判断しようとしたり

こうした行為は
認めあい活かしあおうと
していません。

残念ながら人間関係を
「勝ち負け」だけで
決めようとする人がいます。

どっちが上だとか
どっちが優れているかより

お互いの違いを認め
活かしあった方が
よほど生産的で

楽しいと
思います。

ダイバーシティを
もっと楽しみましょう

そのためには
「個」を
知ることが大事です。

実は私たち
コーチは

クライアントさんを
コーチングするとき

先ずすることがあります。

何だと思いますか?

 

それは
相手を
知ることから始めます。

相手を知る

相手を知る

私たちコーチは
クライアントさんの
課題を解消し

夢を叶えるために
関わります。

この時

例え、同じ課題でも
その人の持つ価値観や
人生観で

全く違う
アプローチに
なることがあります。

この違いを
上手く扱うことが出来ると
満足度は格段に上がります。

私は
この違いを
楽しみようにしています。

本人も気がつかないような
「違い」や

活用の仕方を
見つけることが
コーチングかも知れません。

だって、
本人が気がつくようなら
コーチは必要ありません。

私たちの存在意義は
一人では気がつかない点を
サポートすることで

気がつくことで
あると思います。

「違い」を
楽しむって
楽しくありませんか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー【9月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【9月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月17日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月30日,31日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. リーダー
  2. 道は拓く
  3. ポジティブ
  4. 感情のマネジメント
  5. リーダー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自己理解
  2. 感情
  3. 感情のマネジメント
  4. 感情
  5. 多様性
PAGE TOP