パラリンピック

ダイバーシティ(多様性)の本当の意味

2020東京パラリンピック
が始まりました。

コロナ禍での
開催に議論は
ありますが、

パラリンピックを通して
「ダイバーシティ」(多様性)
について考えてみようと思います。

「ダイバーシティ」とは
「障害者」も含め
女性、外国人、シルバー等

「違い」に焦点が
向きます。

法律でも
後押しがされ

「障害者雇用法」では
ある一定数以上の障害者を
雇用しなければなりません。

障害者雇用法

障害者雇用法

事実これにより
障害者の雇用は
生まれている側面もあります。

しかし、
数字だけに意識が行き
過去、ごまかし等も生まれました。

理念は素晴らしいのですが、
こうした法律での
「障害者雇用」は限界がある気がします。

もっと「障害者」が
普通に生活になじむように
社会が整うことが大切です。

私が大学生の頃
「ウーマンリブ」
活動なるものがありました。

ウーマンリブ

ウーマンリブ

大学祭で当時の
ウーマンリブの活動家を
招き講演会がありました。

そこで
その講師は

「今の世の中は
男性偏重の世の中だ

女性は男性より優秀なので
もっと女性を尊重すべき」
と講演していました。

その内容に
違和感を覚えた私は
こう手を上げこう質問しました。

「その考え方は逆に
女性偏重を招き
ませんか?」

その演者は
答えをはぐらかしました。

私は
「女性」「男性」
と言った区別があるからいけないのであって

「女性」が優れていると
言った考え方は
もしそれが進めば

今度は「女性偏重」社会が
生まれてくると感じました。

まあ、今でも
そのようなことは起こっていないので、
それぐらいの活動しないと

世の中変らないですかね?

私は「女性」も「障害者」も
「個性」の一つであればそもそも
「多様性」なんて言わなくても良いと思います。

ひとは違って
当たり前です。

むしろ
同じ方が
気持ち悪いです。

同じ

同じ

如何ですが皆さんの会社に
優秀だけど同じ考えの
社員だけがいたら

恐らく良いときは良いけど
何かあったら総崩れになると
思いませんか?

そうなんです。
「違い」があるから
面白いのです。

「男性」ばかりでは
「女性」の気持ちは
分かりません。

「健常者」ばかりでは
「障害者」の不便さは
分かりません。

「多様性」があるから
色々な意見や考えから
未来を創造できます。

「違った意見」こそ
尊重されるべきなのです。

それには
その「違い」を
「受け入れる」懐の広さが必要です。

「違い」に
反発や対抗心を
持つのではなく

「違い」を
楽しむこころの広さを持つことが
本当の「ダイバーシティ」なんです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー【9月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【9月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月17日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月30日,31日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. サンドイッチ
  2. 信頼
  3. 何のため
  4. ほめる
  5. コミュニケーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自己理解
  2. 感情
  3. 感情のマネジメント
  4. 感情
  5. 多様性
PAGE TOP