同友会7月合同例会

部下をやる気にさせる面談(望ましい状態を明確にしていますか?コーチングフロー③)

私は
人材開発コンサルタント会社
ACTASの服部哲茂です。

 

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 

がキャッチフレーズ

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

昨日は
広島県中小企業家同友会中②中③④7月例会
でした。

同友会7月合同例会

同友会7月合同例会

テーマは
「風通しを良くする勉強会」

 

同友会講演

同友会講演

 

50名を超える参加者で
盛会でした。

 

内容については
また、ご紹介するとして

 

このテーマは
今回の世話役の方に
考えていただきました。

 

自分たちの聴きたい
テーマとして考えていただき
依頼を受けた形です。

 

全文は

 

「社内の風通しを良くする勉強会!
あなたの会社はギスギスしていませんか!?
~社員満足度向上と離職防止を一気に解決する
コミュニケーション術を学ぼう!!」

 

ここには
問題提起
あなたの会社はギスギスしていませんか)と

 

望ましい状態
社員満足度向上と離職防止を一気に解決)が
織り込まれており

 

最後にこの勉強会で得られるもの
コミュニケーション術を学ぶ)が
入っています。

 

流石、中小企業の
社長さんたちの集団!!

 

ツボを心得られています。

 

実はこれって、
コーチングフロー(流れ)でも
あります。

ここからは
コーチングフローの中でも
望ましい状態」につて話します。

 

コーチングをしていく中で
最も大切なステージは
「望ましい状態の明確化」です。

 

大雑把にコーチングを定義した時
「目標達成の支援」と
言えると思います。

 

皆さんが目標を
達成した時を
思い出してください。

目標達成

目標達成

その達成した目標は
取り組み時にどんなイメージが
出来ていましたか?

 

ぼんやりしていましたか?
クリアーでしたか?

ぼんやり

ぼんやり

恐らく、
達成した目標は取り組み時にも
クリアーであったと思います。

 

反対に、
達成しなかった目標は
ぼんやりしていませんでしたか?

 

私たちが目標達成に向けて行動している時、
幾多の困難が襲い掛かります。

 

その時、もう駄目だと思っても、
それに打ち勝つときは、
本人に強い意志がある時です。

 

その強い意志は
どこから生まれてくるかを
考えてください。

 

仲間や上司
そして家族の支えも
あるでしょう。

 

しかし、
自らもその困難に打ち勝とうとする力が
あります。

 

その源泉はこの
「望ましい状態の明確化」です。

 

苦しい時、
ゴールが見えたら
頑張ろうと思えますよね。

 

そのゴールが
より強くイメージできているとより目標を
達成する力になります。

 

マラソンなら、
ゴールテープを切るイメージが明確に描ければ、
頑張れます。

ゴールテープを切る

ゴールテープを切る

私達コーチはそのゴール(望ましい状態)を
出来るだけクライアントに明確に
なるようにすることが重要と思っています。

 

例えば、

 

「あなたはどんな
営業マンになりたいですか」

 

「はい。
誰からも信頼される営業マンに
なりたいです」

 

「それは素晴らしい、
頑張ってください」

これは望ましい状態を
明確にし切れていません。

 

「誰からも信頼される営業マン」
ってどんな営業マンですか?

 

そう、もっと具体化つまり、
明確化してください。

 

「ほー、誰からも信頼される営業マンになりたいのですね。
それはどんな営業マンですか」

 

「はい。約束はきっちり守る営業マンです」

 

「なるほど、
約束をきっちり守る営業マンは信頼できますね。
これだけで信頼されますか」

 

「そうですね。これが出来た上で、
お得意先のニーズに
しっかり対応できる能力が必要です」

 

「約束をきっちり守ったうえで、
お得意先のニーズにも対応できる能力を
備えた営業マンですね。

 

いいですね。
これで、誰からも信頼される営業マンに
なれますか」

 

「はい」

 

「そうですか。誰からもということですが、
その中には厳しい注文を付けてくるお客さんも
含まれますすよね」

 

「そうですね。
厳しい注文をしてくるお客さんですよね。・・・・。

 

そうか、
お客さんが気が付いていないような提案も
出来る営業マンだと更に信頼が高まりますね」

 

「あ!素晴らしい考え方ですね。
お客さんの潜在的なニーズまで
対応できる営業マンですね」

 

「そうそう、そうです。
潜在的なニーズまで
対応できる営業マンになりたいです。

 

ありがとうございます。
単純に、約束を守れる営業マンと
言った漠然としたイメージが、

 

潜在的なニーズまで対応できる営業マンって、
カッコいいし、
結構大変ですよね。

 

勉強して、
お得意先が気が付かないような提案が
出来るように頑張ります。

 

それには、しっかり、
業界やお得意先のことを
知らなければなりません」

 

如何でしょう。
「望ましい状態」が
しっかりイメージできればやる気も倍増、

 

多少の困難も乗り越えるどころか、
更に高みを目指すことができます。

 

出来るだけ、
「明確」にする。

 

場合によっては、
映像化してみる

 

例えば

 

「そうですね。
では、その達成した時は
あなたの周りはどんな状態ですか?」

 

「そこには誰がいますか?
一番喜んでいるのは誰ですか?」

 

「達成してパーティーが
開かれるとしたらどこでしますか?」

パーティー

パーティー

 

「達成した時を色で
表現すると何色ですか?」

 

 

等々、工夫して、
より明確に見えるように
してあげてください。

 

 

そうすると、
クライアント(メンバー)は
自動走行してれます。

 

 

楽しくないですか。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。
【7月26日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月6日】自分と相手を理解しあうセミナー(Talent Focus 体験会)
【8月9日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月10,11,12日】 Points of Youトレーナー養成講座
【8月20日】 子どもの個性を見つけ伸ばすセミナー
【8月21日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月24日】Talent Focusプラクティショナー養成講座

今度のセミナー

セミナー情報

関連記事

  1. リモートワーク
  2. 組織におけるコーチング
  3. 米国大統領選挙2020
  4. 子育て
  5. 自己観察
  6. 水やり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ビジョンを描く
  2. あった~
  3. 測定
  4. 目標達成
  5. ファシリテーション
PAGE TOP