組織改革

真の組織改革にはコーチングが欠かせない!!!

組織を活性化するために
新しいシステムを
導入したのに

なにも変らなかったことは
ないですか?

結局、
中で働く人が
変らなければ

真の組織改革は出来ません。

変えるとは
人を入れ替えるのではなく

人のマインドを
変える意味です。

この時に
「コーチング」を使えば

視点が変り
行動が変わり
組織風土が変ります。

「コーチング」の効果は
一過性ではなく
習慣化し、定着が可能です。

「コーチング」は
スキルではなく
システムとして働きます。

システム

システム

あらゆる層の
リーダーが「コーチング」を
システム的に活用できれば

組織全体を
活性化させることが出来ます。

「コーチング」は
頭で理解しても
実践で使われなければ機能しません。

「理解と実践」
これが「コーチング」を
システマチックに運用する肝です。

「コーチング」は
上司が部下の
やる気を引き出します。

「コーチング」は
部下の能力を
引き出します。

しかし、それには
部下にあった「コーチング」が
実施されなければなりません。

もっと言えば
上司にあった
「コーチング」が必要です。

リーダーには
「前」「中」「後」の
3タイプがあります。

「前」タイプは
率先垂範型の
昔からあるタイプです。

前リーダー

前タイプ

俺についてこいとばかりに
ぐいぐい先頭を
走るタイプです。

リーダーのイメージは
多くがこちらですが、

最近では
「中」タイプ

中タイプ

中タイプ

いわゆるプレーイングマネージャーとして
プレーヤーでもあり
リーダーでもあるのです。

いわば兄貴分として
良い相談役でもあり
良い指導者でもあるのです。

そして
「後」タイプは
サーバントリーダーとも言われます。

サーバントリーダー

サーバントリーダー

ひたすら部下の
働く環境や
他部門との根回しをして

部下が自主的に
働きやすく
環境を整えるタイプ

決定も
部下に任せるが
責任はしっかり負うことを宣言します。

一見、
頼りなく写るのですが、
気がつけば抜群の成果を上げたりします。

さて、皆さんが
目指したいリーダータイプは
どこですか?

自分のあった
リーダーになり
コーチングをしてください。

部下も同じように
10人いれば
10人のタイプがあると思ってください。

モチベーションの元の
モチベーターや
価値観はそれぞれです。

それを
しっかり見極め
オーダーメイドでコーチングしてください。

こうしたコーチングの
仕組みを取り入れれば
自ずと人は変ります。

如何ですか?
システム的にコーチングを
取り入れてみませんか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月16日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【12月17日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【12月21日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ダイバーシティー
  2. スピーチ
  3. 3人のレンガ職人
  4. 聴く
  5. バンジーバンジー
  6. 5周年お花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 笑顔
  2. 釣り
  3. 初Getサワラ
  4. コーチング
  5. 人材育成
PAGE TOP