成功への道

成功への道:成果を生む目標設定の方法

成功に向けて歩む道は
目標を立てることから
始まります。

しかし

目標設定には
定量目標と
定性目標の

二つの
アプローチが
あります。

定量目標は数値化され
明確な達成基準が
ありますが

定量目標

定量目標

一方の定性目標は
その達成基準が曖昧であり
抽象的な目標です。

例えば
「売り上げ目標1億円」
というのは定量目標ですが

「優れたリーダーになる」
というのは
定性目標です。

優れたリーダー

優れたリーダー

どちらが成果を生むかと問われれば
断然定量目標の方が
成果を出しやすいです。

なぜなら
定性目標はあいまいであり
目指す方向性がはっきりしません。

しかし
多くの人が「優れたリーダー」などの
定性目標に魅力を感じます。

ですが
その魅力も
一時的であり

時間が経つと
具体的な姿が見えてこないため
やる気を失いがちです。

そこで
ここでは
定性目標を

具体的な定量目標に
変換する方法を
紹介します。

①情報収集

情報収集

情報収集

まずは
目標となる理想像について
情報収集を行います。

例えば
「優れたリーダー」を
目指す場合

本やインターネット
最近では
チャットGPTから

優れたリーダーの
情報を
集めます。

その中から
自分が目指すべきリーダー像を
明確にします。

②理想像を決める

理想像

理想像

次に
自分が目指す理想像を
決めます。

これは自分が信頼し
尊敬するリーダーや
身近な人物でも構いません。

自分が目指すべ
きリーダー像を
明確にイメージします。

③アセスメントを作る

アセスメント

アセスメント

目指す理想像を具体化するために
その特徴を言語化し
5段階評価で評価します。

例えば

自己軸を持っているか
決断力があるかなどを
具体的に評価します。

この評価が
後の数値化の
基礎となります。

④自己評価・他者評価をする

他者評価

他者評価

目標達成に向けて
自己評価だけでなく
周囲の評価も加えます。

これにより

現状を客観的に把握し
成長のためのステップを
踏むことができます。

⑤行動プラン作成

行動プラン作成

行動プラン作成

最後に
現状と理想像のギャップを
埋めるための行動プランを立てます。

周囲のサポートを
受けながら
具体的な行動を起こすことで

定性目標が
成果の出る
定量目標に変わります。

成功への道は
魅力的な
目標を持ちつつも

成果を生むための
具体的な目標設定が
不可欠です。

是非
この方法を参考にして
自らの目標を明確にし

成功に近づいてください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【5月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
5月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【5月16日】自分の特性を知り活かすセミナー
【5月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンラインセミナー)
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)(オンライン)
【5月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 伝える
  2. 伝え方
  3. 高須小学校
  4. コミュニケーション力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 目的を持った質問
  2. パワハラ
  3. コミュニケーション
  4. 岸田首相
  5. 逆算思考
PAGE TOP