エグゼクティブ

経営者に必要なコーチング

今まで、
コーチングの基礎について
ブログで書いてきました。

基礎

基礎


これまで、
お読みいただき
ありがとうございました。

 

 

今日からより、
経営層に向けたコーチングの
実践編としての内容になります。

 

 

近年は
環境が劇的に
変化しています。

 

劇的な環境変化

劇的な環境変化


その中において、
従業員の業務は
飛躍的に増大するとともに

 


内容も複雑化しています。

 


組織運営、
後進の育成に加え、
ガバナンス強化や働き方改革等社内において

 


組織横断的なプロジェクトなど、
現場のマネジメント対象は
広がり続け

 


益々、適切な組織マネジメント、
そして、リーダーシップの
発揮が必要となってきます。

リーダーシップ

リーダーシップ

 

そうした中、
注目されているのが、
組織内コミュニケーションのあり方です。

 

組織内コミュニケーション

組織内コミュニケーション


社内トラブルの多くが、
確認、情報収集不足、
顧客と社員の認識ギャップ、

 


チーム内の連係ミスなど、
コミュニケーションの
問題に起因しています。

 

 

ここで、
課題解決のためにコーチングが
その必要性を高めているのです。

 


 
コーチングは
大きな括りで言うと、
コミュニケーションスキルになります。

 

 

コーチングは
クライアントの気づきを促し、
自主的に行動するサポートをします。

 


その為に、
どうやって、
気づきを与えているかと言えば

 


コミュニケーションを
しっかり取り、

 


社員の顕在意識だけではなく
潜在意識にまで、
思いを馳せることから始まります。

 

 

また、
そのコミュニケーションの対象が
社員から顧客に向けられれば、

 


企業活動そのものとしての
コミュニーションとなり

 


単なる、
部下育成ではなく、
企業活動にも大きな影響を与えます。

 

 

そんな経営層に
向けたコーチングの実践編
をシリーズでこれから発信します。


こうご期待ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 


私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 


「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 


これが私共の
キャッチフレーズ

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

ACTASホームページ
https://actas.blue/

 

お問い合わせ先
https://actas.blue/contact/

関連記事

  1. 現状の明確化
  2. 質問の種類
  3. 聴く
  4. 理容店のコロナ対策
  5. ビジョンを示す

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 親子
  2. お願い
  3. ハチ
  4. 雷炭焼
  5. 伝わる
PAGE TOP