伝える

主語によってこんなに伝わり方が変わります(あなたメッセージと私メッセージ)

皆さんが伝えたいメッセージは
確実に相手に
伝えたいですよね。

 

今日は、そんなお話です。
聞きたくありませんか?

 

先ずは重要なことは
「伝えたいこと」ではなく
「伝えたい相手」です。

 

つまり、
どう伝えるかではなく
誰が相手かによって変わります。

 

人は大きく分けて
右脳派と左脳派に
分かれます。

右脳と左脳

右脳と左脳

言い方によっては
女脳とか男脳
なんて言う表現もあります。

男脳・女脳

男脳・女脳

右脳派は
感情や感覚で
物事を捉えます。

感情的

感情的

一方左脳派は
論理的・分析的に
物事を捉えます。

論理的

論理的

右脳派には
「私メッセージ」が
有効です。

 

左脳派には
「あなたメッセージ」が
有効です。

 

「私メッセージ」とは
主語を「私」にして
伝えること。

 

「私は○○と感じました」
「私には○○と聴こえました」
等です。

 

この伝え方は
主観的に伝えますので
感情や思いが乗ります。

 

従って、感情や思いに
重きを置く右脳派には
響く言葉になります。

 

さて、ここで
「そんな感情を乗せられても
大事なことは事実でしょ」

 

と思われた方は
あなたは左脳派です。

 

逆に
「そうそう、理屈をこねられるより
気持ちが大切だよ」

 

と思われた方は
右脳派なんです。

 

如何ですか?
タイプによって
こんなに受け取り方が違うのです。

 

だから
伝えたければ
相手に応じた伝え方が必要です。

 

さて、
「あなたメッセージ」とは
どんなメッセージでしょうか?

 

あなたメッセージとは
相手(あなた)を主語にして
伝えること。

 

相手(あなた)の行動や言動を
記述的に正確に
伝えます。

 

そこには感情や思いを乗せずに
事実のみを正確に伝えます。

 

「先ほどのお客さんが
あなたの話は分かりやすいと
褒めてましたよ」

 

「あなたの報告書は
実例が3例もあり
具体的ですね」

 

このときあくまでも
見たまま、聞こえたままを
伝えてください。

 

こうお伝えすると
「せっかく褒めるんだったら
凄いですねとか付け加えたらいいのに」

 

って、思われた方
ありませんか?

 

あなたは
右脳派タイプの方です。

 

右脳派の方は
事実より感情・思いに
重きを置きますので、

 

どうせなら
伝え手から
こころを感じたいと考えます。

 

しかし、今は
こころより事実を
重んじる左脳派の人に届く伝え方ですので、

 

これで良いのです。

 

左脳派に人にとっては
「感情や思い」は
こころを乱す元であって

 

聞きたいのは
事実です。

 

如何ですか?

 

少しは自分とは違うタイプの
人間のことを理解
できましたか?

 

あなたと違うタイプの人には
あなたが聞きたいことではなく
相手が聞きたいことを伝える

 

これが「伝わる」と
言うことです。

 

私は「左脳派」なので
少し理屈ぽかったですかね?

 

「じゃ、理屈より
先ずは実践してどうでしょう?」

 

これって、
右脳派に向けたメッセージです。

 

右脳派の皆さん!
伝わりましたか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守で誰にも知られずにパーソナルコーチングも行っております。
コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【9月28日】【子どもの才能の見つけ方・育て方】(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月9日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【10月14日】カードを使ったアイデア発想法(Points of YouⓇ体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月19日,20日,21日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. プリクラ
  2. チーム
  3. 現状の明確化
  4. 行動を起こす
  5. 伝わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 動機
  2. 準備運動
  3. コーチングの組み立て
  4. コミュニケーション
  5. 釣果20.10.17
PAGE TOP