伝わる

伝わるフィードバックにする留意点

フィードバックは
主語を意識すると
伝わるフィードバックになります。

主語?

そう主語です。

「あなたは○○です」
と伝えるのが
YOUメッセージ

「私は○○と感じます」
と伝えるのが
Iメッセージです。

Youメッセージは

Youメッセージ

Youメッセージ

見えている・聞こえていることを
客観的に鏡のように
伝える伝え方です。

ポイントは
記述的に
伝えること

あなたの感情や
評価を
加えることなく

ニュートラルに
伝えることが
重要です。

人によっては
物足りなく感じるかも
知れませんが、

感情ではなく

情報として
フィードバックを
受け取りたい人にとっては

最高に
受け取りやすい
フィードバックとなります。

一方
Iメッセージは

Iメッセージ

Iメッセージ

自分が内側で感じた
主観的事実を
伝えるフィードバックです。

YOUメッセージとは違い
思いっきり
感情や意見を入れます。

ポイントは
そこに
あなた自身の責任を加えること

「私はこう感じました」
「私にはこう見えました」

伝える側が
自分の意見や
感情を加えることで

力強い
メッセージとなります。

情報ではなく
感情や感覚で
受け取りたい人にとっては

こころに響く
メッセージとなります。

大切なことは
あなたがどう
伝えたいかではなく

相手が
どちらが
受け取りやすいかです。

「伝える」と
「伝わる」では

相手を
第一に考えるか
どうかが重要です。

自分が伝えるではなく

相手に伝わるためには
相手が受け取りやすい
メッセージが必要です。

ともすると
YOUメッセージの人は
YOUメッセージを

Iメッセージの人は
Iメッセージを
多用しがちですが、

あなたが
どう伝えたいか
ではなく

相手にどう伝えたら
受け取りやすいかを
基準に考えてください。

このYOUメッセージや
Iメッセージ以外にも
留意点があります。

そもそも
相手フィードバックを
求めていることが第一条件です。

求めていない
フィードバックは
お節介にしかなりません。

お節介

お節介

また
タイミングも
大切です。

タイムリーでないと
折角のフィードバックも
ありがたみが半減します。

他には
行動変容が
可能なことも大切です。

そのフィードバックで
行動を変えられるから
価値があります。

行動を変えられない
フィードバックは
しない方が良い

いずれにせよ
相手の為に
フィードバックにするかどうかが

大切となります。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方(オンラインセミナー)
【6月17日】フローに乗り続けるセミナー
【6月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月11日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【7月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【7月16日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月19日】Hello Flow ワークショップ(Zoomによるオンラインセミナー)
【7月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. オバマ元大統領
  2. 目的
  3. 大阪都構想
  4. リーダーのミッション
  5. 見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. テーマ
  2. 評価基準
  3. テーマ
  4. 主体的
  5. 信頼関係
PAGE TOP