「違い」に直面したとき、闘うか逃げるか?あなたはどっち?

あなたは
自分と価値観が違う人間と
相対峙したとき

どうしていますか?

人は違和感を感じた相手に対し
本能的に
「闘う」か「逃げるか」を選択します。

闘うか逃げるか

闘うか逃げるか

「闘う」とは

闘う

闘う

反論したり、議論をふっかけたり
あるいは怒りを
ぶつけたりすることです。

「逃げる」とは

逃げる

逃げる

あきらめたり、無視したり
あるいは
納得したふりをすることです。

「闘う」目的は
自分の正当性を
相手に認めさせるためです。

「正しい」か「正しくない」か
ではなく

「自分の正当性」を
認めさせるですから
話は複雑です。

お互いのプライドを
賭けて闘うので
引くわけには行きません。

「逃げる」目的は
「争いたくない」だけであり

結局は自分の身を
守るだけの行為です。

闘っても逃げても
そこに生まれるものはありません。

これは本能的な
「反応」ですので、

一瞬に出会った
「違い」に対し
自動的に発動してしまいます。

この「自動発動」する反応は
誰しもが取り得る行動です。

この事実を
認識することが
大切です。

その上で
「違い」に
直面したとき

「反応」するのではなく
「対応」して欲しいのです。

「違い」と
闘うのでもなく
逃げるでもない方法はありませんか?

「違い」は
デメリットではなく
メリットです。

正しい行動は
多くの選択肢の中から
選ばれたときのみ生まれます。

多くの選択肢

多くの選択肢

つまり
選択肢が少ない中では
正しい行動は生まれません。

そのためには
「多様性」が
必要不可欠。

そう考えると

「闘う」でもなく
「逃げる」でもない
行動は

「話し合う」ことです。

そこで大事なことは

「勝ち負け」でも
「妥協」でもない

相互理解の上の
「納得」を
目指すことです。

この過程は
面倒くさいかも知れません。

しかし、
何も生まれない
「闘う」や「逃げる」より

得るものが
必ずあります。

これが
「多様性」を
活かすことです。

さあ、勇気を持って
「違い」に対し
「対応」しましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【9月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月17日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月30日,31日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 会議
  2. 2020ハロウィーン渋谷
  3. 伝わる
  4. ダイバーシティー
  5. PCR検査
  6. Go Toキャンペーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自己理解
  2. 感情
  3. 感情のマネジメント
  4. 感情
  5. 多様性
PAGE TOP