視点

「違い」を乗り越える新たな視点を持つには・・・

「違い」に対し
人は本能的に
反応します。

それは、
身を守るための
自動プログラムです。

これを
止めるには
どうしたら良いでしょうか?

「闘う」のでもなく
「逃げる」でもない
選択肢はどうしたら得られか?

それは
共有できる
ゴールを見つけることです。

ゴール

ゴール

「違い」を
乗り越えたい相手は

電車の中で
見かけた
「違う」人ではないですよね。

ただ単なる
通りすがりであれば
スルーしても

それは
「逃げた」わけではありません。

「乗り越えたい」と
思うと言うことは

何らかの
関係がある

もしくは
関係を持ちたい相手です。

すると
そこには

関わるだけの何か
共通のゴールを
見つけられるはずです。

組織であれば
共通のゴールは
たやすく見つかるはずです。

緩い繋がりの
グループであっても
集まる理由があるはずです。

また
同じ地区に住む
隣人であったとして

平穏に
住み続けたいとの
思いは同じはず。

であれば
それに向かって
お互いが納得する答えを探すことが

本能ではない
人間としての
大人の対応となります。

また、
別な観点での
視点もあります。

人は
本能的に
「違い」を嫌うように

本能的に
「同じ」を
好みます。

同じ

同じ

これを
利用したら良いのです。

「同じ」とは
「共通点」です。

コーチングの
アイスブレイクで
「共通点」探しワークがあります。

二人ペアとなり
限られた時間で
相手との共通点を見つけ

一番沢山
共通点を
見つけたチームが勝ちです。

・出身地
・趣味
・家族構成
・出身校
・好きな球団 等々

このワークでは

意外な共通点が
見つかると
なぜか興奮します。

遠隔地で
出身地が
同じであれば

急に親近感が
沸きます。

例えそれが
お互いが長男長女だと言う
事実だけであっても

長男長女の
苦労話で
話が盛り上がったりします。

相手のことを
どれだけ知っていますか?

前述した
出身地や趣味は
知っていますか?

意外と
知らなかったりしませんか?

「違い」を乗り越える
新たな視点を持つには

視点

視点

相手を知ること

「違い」を乗り越えるには
「違い」にこだわるのではなく

「同じ」を見つければ
良いのです。

「同じ」が見つかれば
あばたもえくぼ
となります。

みにくいあばたが
えくぼになるように

「違い」は
むしろ可愛くなります。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【9月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月17日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月30日,31日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 行動を起こす
  2. ダイバーシティ
  3. 率先垂範
  4. 3人のレンガ職人
  5. 365日ブログ
  6. 理由なき活力

コメント

    • ヤスロウ@堀口康朗(ほりぐち やすお )
    • 2021年 9月 03日

    「違い」を乗り越えるには
    「違い」にこだわるのではなく

    「同じ」を見つければ
    良いのです。

    うーん。。
    私はちょっと違った意見です。
    「違い」にこだわらないのではなく
    こだわりを認める。
    これがまた、この認めるが難しい。
    「あーそうなんだ」ぐらい
    多分思ってることは同じ。

    「同じ」を見つけるだけでなく、
    「あの時どうしてました」とか
    「あの時、私、こんなこと思ってました」
    などと聞くかもしれません。
    と聞くかもしれません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自己理解
  2. 感情
  3. 感情のマネジメント
  4. 感情
  5. 多様性
PAGE TOP