拡散と収束

良いミーティングは「拡散」と「収束」のフェーズ使い分けよう

ミーティングは
様々な意見を出す
「拡散」のフェーズと

その意見をまとめる
「収束」のフェーズが
あります。

これって
意識して
いますか?

以前ミーティングの
目的について
触れました。

それは
下記の
5つ

①意思決定
②問題解決
③ブレーンストーミング
④フィードバック
⑤情報収集・共有

これらのうち
③④⑤は
「拡散」がメインのフェーズです。

今日はこの
「拡散」を
深掘りします。

拡散

良い「収束」
つまり結論を
出すためには

この「拡散」フェーズは
しっかり行う
必要があります。

少ない意見の
中からの
「収束」は

ミーティングが
一見短時間で終了するため
良いミーティングのように感じますが、

少ない情報や
選択肢の中から決められた
結論は良いものにはなりません。

「拡散」は多様性のある
意見が出てこその
「拡散」です。

そのための
工夫を3つ
ご紹介します。

①承認により意見を促す
②意識的に発言を促す
③リスク回避

①承認により意見を促す

承認

承認

「承認」は
コーチングスキルの
代表的スキルです。

相手の存在を
認める行為は

相手が
自分の存在を認められたことで
「やる気」が増すスキルです。

もしある人の意見を
誰も「承認」しないと
何が起こると思いますか?

それは
次に意見を言う人が
自分も同じように

扱われるのではないかと
不安を感じて
意見が出てこなくなります。

それでは
ミーティングでの
「承認」とは

具体的に
どのような
ものでしょうか?

例えば
発言者の
名前を呼ぶ

名前を呼ぶ

「それでは今手が上がった
○○さん宜しく
お願いします。」

こうして発言者の名前を
呼ぶことは
「承認」となります。

これは何でも
無いことですが
大きな承認となります。

また、
出てきた意見に対し
必ず何らかの反応を入れる

例えば

「新たな観点ですね」
「面白い意見ですね」

想像して
みて
ください。

ご自分の発言が
スルー
されたら

もう二度と
発言したく
なくなりませんか?

結構
この発言スルーは
多くのミーティングで見かけます。

これを防ぐには
一旦どんな意見でも
板書すると良いですね。

こうすれば
発言毎に
反応しなくても

「承認」
したことに
なります。

これは
上級テクニック
ですが、

既に出た発言を
敢えて引用して
発言すると

大きな
「承認」に
なります。

「先ほど○○さんの発言で
思いついたのですが、
△△をしてはどうでしょう」

これは
意識的に
行うと

周りの人は
人の意見をちゃんと聞いて
積極的に会に参加している印象を得ます。

②意識的に発言を促す

発言を促す

発言を促す

ミーティングによっては
積極的に意見が
出ないことがあります。

その時は
ファシリテーターは
発言を促す必要があります。

そのような
テクニックは

先ずは

・発言に対し
「うなづき」「相づち」を
入れる。

普通の
会話でも
そうですが、

相手が
「うなづき」や
「相づち」をしてくれると

話し
やすい
ものです。

・「Yes and」の活用

これは発言対し
その内容を一旦
肯定的に受け取るテクニックです。

逆に
「でも」とか
「しかし」は

いきなり発言を
否定することになりますので、
避けてください。

もし、
反対意見が
あっても

「なるほど、
そのような考え方もあるんですね?
しかし、私はこう考えます」

必ず、一度は
肯定的に受け取ってから
自分の意見を言うようにしましょう。

・全員に意見を求める

全員に意見を求める

発言をしたがらない人も
いますので、
最初にお願いしておくのも良いですね。

「今日はブレーンストーミングですので
必ず、全員が一言は
発言をお願いします」

こうしておけば
全員の発言が
得られます。

・発言の順番にも気を配る

順番

年長者や上司が
最初に
発言すると

次の意見が
出しにくく
なったりします。

若手や経験が浅い人から
発言を促すと
全員が発言しやすいです。

③リスク回避

リスク回避

「拡散」
フェーズでの
リスクは

意見が出しにくい
雰囲気に
なること

例えば
「批判意見」がでたり
「個人攻撃」が始まる。

これを避けるには
会の冒頭で
こう宣言してください。

「今日は自由な
意見を沢山
いただきたいので、

批判や批評
ましてや個人攻撃が
あれば、発言を止めます」

とルール化
してしまうと
良いですね。

如何ですか?

こうしたちょっとした
工夫が活発な
ミーティングを演出します。

ぜひ、
意識してください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【5月31日】Speech Technic Session〜体験セミナー〜
【6月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月13日】自分を知り活かすセミナー
【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月18日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月20日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
6月21日】「経営「健康診断」100」セミナー
【6月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 3人のレンガ職人
  2. 要素
  3. 環境が変わったとき
  4. ギャップ
  5. さくら
  6. アカウンタブルなチーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 勇気
  2. 怒り
  3. 届ける
  4. 効果的
  5. 効率的
PAGE TOP