オバマ元大統領

ワンチームにするために必要な〇〇をよぶビジョンの示し方

「ワンチーム」
これは昨年の
流行語大賞です。

ワンチーム

ワンチーム

組織を束ねている人であれば
誰しも、我がチームを
ワンチームにしたいと思います。

 

どうしたら
ワンチームになれると
思いますか?

 

ワンチームですから
皆が一つの方向に
向かう必要があります。

同じ方向に向かう

同じ方向に向かう

その為に必要なツールが
ビジョンです。

 

ビジョンがあれば
向かう方向が
一致します。

 

もし、ワンチームにしたいのに
ビジョンがないリーダーは
早急にそれを創ってください。

 

今まで、
そのビジョンの創り方は
お伝えしてきましたので

 

今日はその伝え方を
お伝えします。

 

伝わるビジョンの
伝え方のキーワードは
「共感」です。

共感

共感

皆さんは
「Yes, We can!」
覚えていますか?

オバマ元大統領

オバマ元大統領

 

そう、
あのバラク・オバマ大統領の
言葉です。

 

これはオバマ大統領の
ビジョンを一言で
伝えたメッセージです

 

これはどうですか
「I have a dream」

キング牧師

キング牧師

そう、
これはあの
キング牧師の言葉です。

 

「I」という一人称で
語っていますが、

 

聴いている人が、
自分の夢を持った姿を
想像していたのではないでしょうか?

 

ここで、
お伝えしたのは

 

伝わるキャッチーな言葉を
使いましょうと言う話で
はありません。

 

ビジョンンを伝えるには
少なくとも聴いている人に
共感をよぶ伝え方をする必要があります。

 

さて、
どうしたら良いで
しょうか?

 

それは聞き手のメンバーが
「自分ごと」としてそのビジョンを
聴けるようにすることです。

 

具体的には
・登場人物として聴き手がいる
・メンバーの得たいものがそこにある

 

オバマ大統領の言葉は
「We」とすることで、
聴き手が自分を含め考えます。

 

キング牧師の言葉は
夢を持ちたい気持ちが
代弁されています。

 

会社がビジョンを創る時は
組織としての必要性で
ビジョンが創られます。

 

しかし、それは、社員にとっては
どういう意味があるかを伝え手は
翻訳する必要があるのです。

 

それが、
上の二つの伝え方に
集約されます。

 

さて、あなたの会社(組織)のビジョンを
伝える方法のヒントに
なりましたか?

 

会社が社会に
認められる存在である限り

 

社員にとっても
認められるメッセージが
そこにあるはずです。

 

それを考えてください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【2月19日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月3日】《子育て支援セミナーワークショップ》(Points of You体験会)
【3月6日】売らない営業セミナー
【3月7日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アクティブリスニング
  2. うなづく
  3. 批判
  4. 現状の明確化
  5. ミーティングの主役
  6. 嬉しい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 伝える
  2. 忠告
  3. 主観的
  4. 嬉しい
  5. 批判
PAGE TOP