他者視点

目標設定時に〇〇の要素を加える達成しやすくなります。

目標設定時に
ある要素を加えると
達成しやすくなるものがあります。

 

何だと思いますか?

 

それは

 

他者視点です。

他者視点

他者視点

自分一人の目標であれば
必要ないかもしれませんが、

 

組織の中で
立てた目標であれば
必須です。

 

なぜなら
組織の中で立てる目標は
その達成に誰かの関与が必要です。

 

「目標達成は
個人の努力によるものであり
他者の力を借りるのを前提はおかしい」

 

と思う方も
いるかもしれません。

 

てこの原理を
ご存知だと
思います。

てこの原理

てこの原理

てこの原理はどのような重いものでも
作用点・力点を考えれば
小さな力で動かせます。

 

あなたの目標達成が
簡単なものであれば
必要ないかもしれません。

 

しかし、達成には
多大な努力が必要ならば
この原理は使うべきです。

 

目標設定時の
てこの原理が
他者視点を使うことです。

 

他者視点とは
どんな視点でしょうか?

 

いくつか
挙げてみます。

 

①お客様
②関連部署
③部下
④上司
⑤経営者

 

あなたが営業だとします。

 

「売りげ目標を達成する」と
目標を設定したとします。

 

この目標に対し
①お客様視点が加わると
どうなりますか?

お客様

お客様

①お客様視点が加わることで
「売りたい」姿勢が
「買いたい」に替わります。

 

すると
売り上げを伸ばすだけの姿勢は
お客様に寄り添えるようになり

 

結果として
売り上げは
伸びるようになります。

 

②関連部署の
視点はどうでしょう?

 

②関連部署の視点があれば
自然と関連部署は
協力をしてくれるはずです。

 

同じように
③部下④上司⑤経営者
の視点があれば

 

それぞれの人たちも
あなたの目標は
その人たちの目標にもなります。

 

目標に他者視点が
加えると
早く良い結果が出せます。

 

そうすれば
また、次の目標に
挑戦できます。

 

この視点は
あなたが個人事業主で
あっても同じです。

 

個人事業主は
一人ですから
組織とは関係なさそうですが、

 

個人事業主と言えども
社会とかかわる以上
その存在は社会的です。

 

とすると
あなたが
達成したい目標に

 

お客様の視点が加わると
その目標は達成しやすくなるのは
当然ですが

 

ここに
社会の視点が入ると

 

社会もあなたの目標達成を
後押してくれるようになります。

 

如何ですか?

 

目標達成時に
他者視点を加える
してみませんか?

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月18日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月26日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【11月30日,12月1日,3日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【12月5日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【12月9日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【12月16日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【12月19日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【12月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. セミコン
  2. リーダー
  3. 承認
  4. 質問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 目標達成
  2. ファシリテーション
  3. 道
  4. 成功体験
  5. 明確
PAGE TOP