成功への道

成功への道:ビジョンを持つことの重要性

成功は
皆が望む
ものでしょう。

その定義は
人それぞれ
ですが

エール大学の
有名な研究が示す
ところによれば

成功には
ビジョンが
欠かせないようです。

ビジョン

ビジョン

25年にわたる追跡調査の結果
ビジョンを持ち
具体化し

文書化した3%の群が
他の97%の群と
比較して

健康で
幸せな成功を
収めていました。

また
資産の95%を
この3%の群が

保有していたことも
興味深い
結果です。

なぜビジョンを
持つことが成功に
つながるのでしょうか?

それは
ビジョンが
あるときに

困難を乗り越える
モチベーションが
維持しやすくなるからです。

困難を乗り越える

困難を乗り越える

さらに
脳科学的
観点からも

ビジョンを持つことが
重要であることが
証明されています。

脳は
選択的知覚を
持ち

ビジョンがある人は
そのビジョンに関する
情報を集めやすくなります。

例えば
車を
買換えたい人は

車

他の人が
乗った車が
やたら目についているはずです。

成功者の多くが
「成功するための情報に
運良く巡り会えた」と言いますが

それは
情報を集めるアンテナの
精度が高いからです。

ビジョンを持てば
その成功確率は
アップします。

また
ビジョンを持っている人は
周囲の人にもその話をします。

すると
周囲の人が協力者と
なってくれることもあります。

協力者

協力者

一人でビジョンを達成するよりも
周囲の協力を得ることで
成功の確率は高まります。

そうした
成功の秘訣について
考える機会があったのが

最近参加した
Points of YouⓇの
ワークショップでした。

Points of YouⓇとは
10年ほど前に
リリースされた

コーチングゲームと
呼ばれる
65枚のカードです。

私は
その資格保持者ですので
気になる方は個別に連絡ください。

体験会も
やっていますので
機会が合えばお越しください。

さて
そのワークショップでは

自分の
大事にしていることについて
考える中で

ビジョンや
過去の経験を
振り返ることができました。

そして
その中で
どんな出来事も

好機に変えることが
できるという
気づきを得ました。

好機

好機

成功への道はビジョンを持ち
そのビジョンを具体化し
行動に移すことから始まります。

皆さんも
自分のビジョンを見つけ
具体化してみてください。

そして
そのビジョンを
実現するための

行動を
起こして
みてください。

きっと成功への道が
開けてくる
はずです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【5月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
5月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【5月16日】自分の特性を知り活かすセミナー
【5月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンラインセミナー)
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)(オンライン)
【5月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 10人の「私」
  2. タイミング
  3. 相手への影響
  4. 思考・行動パターン
  5. やりたいこと
  6. 思い込み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 目的を持った質問
  2. パワハラ
  3. コミュニケーション
  4. 岸田首相
  5. 逆算思考
PAGE TOP