耳を傾ける

声に出すことで始まるビジョン創り:内なる直感に耳を傾ける

ビジョン
それは
組織や

個人が
未来を描くための
重要な指針です。

未来への航海

未来を描く

しかし
ビジョンを描くことは
簡単なことではありません。

先日
ある方から
こんな相談を受けました。

「会社のビジョンを作ろうとしたのですが
途中で、なんだか空々しくなって
それ以降

描けなくなって
しまったんです」
とのこと。

ビジョン作成において
最も大切なのは
どうやって描くかですね。

私が参加している
中小企業家同友会でも
ビジョンは

「経営理念」として
作成することが
強調されます。

ビジョン作成で
最も重要なのは
口に出しながら考えること。

なぜなら
ひとは頭の中だけで
考えると

矛盾や堂々巡りに陥り
気がつかないことが
あるからです。

口に出すすことで
自分の考えが
整理される状態を

「オートクライン」
と言います。

オートクライン

オートクライン

自分で話した内容を
自分の耳で聞くことで
考えが整理され

より明確な
ビジョンを
描くことができます。

特に
第三者に話すことで
その効果は絶大です。

この点が
コーチングを受ける
良い理由でもあります。

コーチングでは
コンサルタントとは違い
アドバイスをするのではなく

質問を通じて
自己解決を
導き出します。

この過程で
自ら選んだ行動に責任を持ち
成長していくことができます。

ビジョンを描く
際の障害の一つに
「論理的思考」があります。

通常は
SWOT分析や

過去の出来事などを
元にビジョンを
描こうとしますが

ビジョンは
自己の内なる動機や
価値観によって描くものです。

従って
論理的よりも
直感を働かせることが大切です。

直感

直感

直感的な思考を養うためには
「30分間ノンストップで
話し続ける」ことが有効です。

質問に答える際
口を動かしながら考えることで
直感的な答えが出てきます。

その過程で
矛盾が生じることもありますが
それが直感的な思考の証拠です。

でも
口に出すことで
その矛盾に気がつきます。

ビジョン作成は
口から始めることで
内なる直感に耳を傾け

より具体的で
実現可能なものに
仕上げていくプロセスです。

一緒に楽しく
実現したくなるビジョンを
作りましょう。

ご相談は
無料です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【5月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
5月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【5月16日】自分の特性を知り活かすセミナー
【5月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンラインセミナー)
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)(オンライン)
【5月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 伝える
  2. 誘導
  3. ビジョン
  4. 家族団らん
  5. 講演会
  6. 脱線

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 目的を持った質問
  2. パワハラ
  3. コミュニケーション
  4. 岸田首相
  5. 逆算思考
PAGE TOP