怒り

アンガーマネジメント(怒りのうまく付き合う)

アンガーマネジメント
怒りのマネジメント
手に入れたくありませんか?

 

特にこのコロナウィルスで
色々不安が貯まり
家庭で過ごす時間が多いと

 

その矛先は
家族に向いがちです。

 

コロナウイルスは
いつか収まりますが、
怒りで傷ついた関係は

 

修復に時間が
かかってしまいます。

 

何としても
大事な家族との関係は
保ちたいのもです。

 

昨日のブログで
感情は

 

人間の
危機回避能力と
お伝えしました。

 

自分の身を
守るために
体が反応

 

闘う(怒る)か
逃げる(自己嫌悪)を
選択しています。

闘う

闘う

逃げる

逃げる

でも、
この感情を
どうすれば

 

マネジメントできるか?

 

それは
主体的に
行動すること

 

つまり行動することを
自分の意思で
選択すること

選択

選択

アメリカの研究で
行動するときに
「私は○○を選んだ」と

 

言って行うのが
良いとの
報告があります。

 

「私は今から
出かける選択をした」

 

「私は今から
コーヒーを飲むことを
選択した」

 

同じように
怒る時は

 

「私は怒ることを
選択した」

 

と言って
怒るのです。

 

怒りと言う
体の反応を

 

自分が選択したと
言うことで

 

主体を
自分の意思に
取り戻せるのです。

 

これって、
面白くないですか?

 

怒りそうになった時
やってみてください。

 

しかし、実際は
怒るときって
こんなに冷静には対処できません。

 

そこで、もっと簡単な
アンガーマネジメントを
紹介します。

 

色々あります。

 

怒りが湧いてきたら

 

カウントダウンをする
「100・99・98・・・」

 

あるいは
天使の力を
借りる

天使

天使

「こんな時
天使だったらどうする」

 

と考えてみる

 

魔法の呪文を
唱える

 

「もう直ぐ
飲み会だ」
とか

飲み会

飲み会

コロナのせいで
今はこのフレーズ
使えませんが・・・

 

だったら
「笑顔笑顔」
何て

笑顔

笑顔

私の子どもたちの
魔法の言葉は

 

「なんくるないさ~」

 

転校したときに
言っていた言葉です。

 

沖縄の方言で
「なんとかなるさ~」
っていう意味

 

子どもたちの
たくましさを
見せてもらいました。

 

とにかく自分が
落ち着く言葉を
用意しておく

 

怒りや自己嫌悪という
体の反応を

 

意識することで
自分に取り戻す

 

これが
感情マネジメントの
極意です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【5月8日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【5月11日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【5月12日】《子育てコーチングワークショップ》(Points of You®体験会)
【5月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【5月24日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ワンチーム
  2. 会話の中の違和感
  3. 行動の明確化
  4. できた~
  5. モチベーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 継続
  2. 時間を取る
  3. アイデア出し
  4. 信頼
  5. やる気
PAGE TOP