効果的

効果的なフィードバックをする適切な方法教えます

フィードバックとは
相手に対して自分の意見や
感想を伝えることです。

その際
効果的なフィードバックを
行うためには

適切な
伝え方が
重要です。

伝え方には
「Youメッセージ」と
「Iメッセージ」

You & I

You & I

という2つの
アプローチが
あります。

それぞれの
特徴や
使い方を理解し

相手に適切に
伝えることが
ポイントです。

まず
「Youメッセージ」
は相手を主語として使います。

Youメッセージ

Youメッセージ

具体的な行動や
状況を客観的に
伝えるスタイルです。

例えば
「あなたは楽しそうでは
ありません」というよりも

「あなたは
何度もため息をついて
楽しそうではありません」

と具体的な事実を
伝えることが
効果的です。

この方法では
客観的な事実を
伝えることに

重点が
置かれます。

ただし
相手に対する
評価や判断を

含めないように
注意することが
大切です。

例えば
「あなたは性格が
悪いですね」

といった表現は
論外です。

次に
「Iメッセージ」は
自分を主語として使います。

Iメッセージ

Iメッセージ

自分が相手の行動や
状況をどのように感じたかを
伝えるスタイルです。

この方法では
相手に対する主観的な感想や
思いを伝えることができます。

例えば
「私はあなたの行動に
不快感を覚えました」

といったように
自分の感情や経験を
率直に伝えることがポイントです。

ただし
「Iメッセージ」を
使う際には

相手との関係性や状況を考慮し
適切な表現を
選ぶことが必要です。

「Y」と「I」を
使い分けることで

より効果的な
フィードバックが
可能となります。

客観的な事実と
主観的な感想を
バランスよく伝えることで

相手に適切な
メッセージが
届きやすくなります。

また
相手の受け取り方や
状況を考慮し

適切な
伝え方を
選ぶことも重要です。

如何ですか?

「Youメッセージ」と
「Iメッセージ」を
使い分けて

より効果的な
フィードバックを
行ってみましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分の特性を知り活かすセミナー
【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 看護師長
  2. 相手を知る
  3. 宮島
  4. 目的
  5. 自分の枠
  6. ヒント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP