届ける

フィードバックを行う際に相手に届くための留意点

フィードバックを行う際には
相手にしっかりと伝わるよう
配慮することが重要です。

ここでは
フィードバックが
相手に届くための

6つの留意点
につい
詳しく説明します。

① 相手が望んでいる
② タイミング
③ 行動変容
④ 忠告にならない
⑤ 確認
⑥ 時制

① 相手が望んでいる

相手が望んでいる

相手が望んでいる

まず最初に考慮すべき点は
相手がフィードバックを
望んでいるかどうかです。

望んでいない
フィードバックは
単なるお節介になります。

フィードバックは
相手が目標達成や成長のために
必要だと感じているときに効果的です。

相手が
フィードバックを
望んでいる場合にのみ

それが
真の意味で
有益になります。

② タイミング

タイミング

タイミング

フィードバックの
タイミングも
非常に重要です。

一般的に
相手の行動変容に
気づいた直後や

問題が起きている
最中にフィードバックを
提供することが効果的です。

ただし
状況によっては

相手が
受け入れる余裕がない
場合もあるため

適切な
タイミングを
見極めることが必要です。

ここの
見極めが
大切です。

③ 行動変容

行動変容

行動変容

フィードバックの目的は
相手の行動変容を
促すことにあります。

したがって
フィードバックを
行う際には

相手が変えられる行動に
焦点を当てることが
重要です。

相手が変えられないことや
個人の特性についての
フィードバックは避けるべきです。

その為には
相手のことや
周辺の情報収集は欠かせません。

④ 忠告にならない

忠告

忠告

過去に
フィードバックのつもりが
忠告として受け取られたことはないですか?

フィードバックは
相手に対する忠告や命令として
受け取られるべきではありません。

相手が自ら行動変容を決定し
行動するための情報として
受け取るべきです。

そのため
フィードバックは
相手の選択肢を尊重し

その結果に対する
洞察や観察を
提供することが重要です。

⑤ 確認

確認

確認

良いフィードバックが
提供されたとしても

相手が
それを理解しているかどうかを
確認することが重要です。

相手の表情や
反応を
注意深く観察し

フィードバックが
適切に伝わっているかどうかを
確認しましょう。

場合によっては
相手にフィードバックの理解を
尋ねることも効果的です。

意外とこの作業は
重要です。

⑥ 時制

時制時制

フィードバックを
提供する際には
時制に注意することが重要です。

過去の行動に対する
フィードバックを
行う場合は

具体的な
事例や例を挙げて
説明することで

相手が
その行動について
理解しやすくなります。

また
未来に向けた行動変容を
促すために

具体的な改善点や
提案を提示することも
効果的です。

ポイントは
失敗に目を向けることではなく
未来に目を向けることです。

以上の留意点を
心に留めて

フィードバックを提供する際には
相手に真に届くものになるよう
努めましょう。

相手がフィードバックを受け入れ
行動変容を起こすことで
お互いが良い関係になりませんか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分の特性を知り活かすセミナー
【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アフガン
  2. 素直
  3. 中間面談
  4. 伝える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP