効率的

客観的と主観的を意識して効率的なフィードバックをしよう

フィードバックの
効果的な
伝え方には

客観的な視点と
主観的な視点
二つがあります。

この両方を
意識して
使い分けることが

フィードバックを
より効果的に
行うための鍵となります。

では
客観的な伝え方と
主観的な伝え方には

具体的に
どんな違いが
あるのでしょうか?

客観的な伝え方は
客観的な
事実やデータをもとに

事実やデータ

事実やデータ

相手に
情報を伝える
方法です。

具体的な
数字や
事実を挙げて

客観的な
視点から
事象を捉えます。

たとえば

「先月の売り上げ目標は
達成率が80%だった」

「顧客満足度が
昨年比で10%上がった」

「あなたは
今月3回遅刻した」
などがその例です。

これらの客観的な伝え方は
客観的な事実を
示すことで

相手に明確な
情報を
提供します。

一方
主観的な
伝え方は

主観や感情に基づいて
相手に情報を
伝える方法です。

主観や感情

主観や感情

具体的な事実よりも
自分の感情や意見を
伝えることが特徴です。

例えば

「先月未達だったので
がっかりした」

「顧客満足度が
上がって、嬉しい」

「遅刻が多いので心配だ」
などが主観的な
伝え方の例です。

これらの主観的な伝え方は
自分の感情や意見を
相手に伝えることで

相手との
コミュニケーションを
深めることができます。

では
どちらの伝え方を
使うべきなのでしょうか?

それは
相手や状況によって
異なります。

客観的な伝え方は
客観的な事実やデータを
伝えることで

客観的な情報を
提供する場合に
適しています。

一方
主観的な
伝え方は

自分の感情や
意見を
伝えることで

相手との関係を
深める場合に
適しています。

どちらの伝え方を使うかは
相手のニーズや
コミュニケーションの

コミュニケーション

コミュニケーション

目的に応じて
選択する必要が
あります。

また
フィードバックを
受け取る側の視点も重要です。

受け取る側が
客観的な情報を
求めている場合は

客観的な
伝え方が
効果的ですし

感情や意見を
求めている場合は
主観的な伝え方が効果的です。

相手の
ニーズや好みに
合わせて

適切な伝え方を
選択することが
大切です。

最後に
フィードバックを行う際に
注意すべき点があります。

それは
フィードバックが

相手に
強制的に感じられないように
することです。

強制的

強制的

フィードバックは
相手が自ら考え行動を
変えることが目的であり

相手の
意思や感情を尊
重することが重要です。

相手との
信頼関係を
築きながら

適切な
フィードバックを
行いましょう。

以上の
ポイントを
踏まえると

効率的な
フィードバックを
行うためには

客観的と
主観的な視点を
意識して使い分け

相手のニーズや
好みに合わせて
適切な伝え方を選択し

相手との
信頼関係を
築きながら

フィードバックを
行うことが
重要です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分の特性を知り活かすセミナー
【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. タイプ
  2. 会話の中の違和感
  3. 未来を創る
  4. コミュニケーション
  5. 協力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP